記事一覧スマホ・タブレット

【プレミアム】「レスポンシブWebデザインで行こう!」の、その前に(3)

ウェブサイト制作において現在主流となっているレスポンシブWebデザイン。しかし実際にはレスポンシブではなく他の方法でサイト構築をしたほうがいい場面も多々あります。(3)では、レスポンシブWebデザイン導入要件についてのポイントを解説します。

【プレミアム】「レスポンシブWebデザインで行こう!」の、その前に(2)

ウェブサイト制作において現在主流となっているレスポンシブWebデザイン。しかし実際にはレスポンシブではなく他の方法でサイト構築をしたほうがいい場面も多々あります。(2)では、レスポンシブWebデザインへの誤解やレスポンシブWebデザイン以外の方法について解説します。

【プレミアム】「レスポンシブWebデザインで行こう!」の、その前に(1)

ウェブサイト制作において現在主流となっているレスポンシブWebデザイン。しかし実際にはレスポンシブではなく他の方法でサイト構築をしたほうがいい場面も多々あります。(1)では、レスポンシブWebデザインで実装となる動機について考えます。

【プレミアム】最新Adobeアプリで私たちの仕事はどう変わるのか?(後編)

2017年秋、Adobeは「全方位アップデート」をコンセプトに、Creative Cloudの主要なアプリケーションのほとんどをアップデートし、話題となりました。後半は「Adobe XD」の説明と、「Adobe Sensei」を紹介します。

【プレミアム】最新Adobeアプリで私たちの仕事はどう変わるのか?(前編)

2017年秋、Adobeは「全方位アップデート」をコンセプトに、Creative Cloudの主要なアプリケーションのほとんどをアップデートし、話題となりました。前半では「Adobe Lightroom CC」「Dimension CC」を紹介します。

SafariもPWAサポートへ。知っておきたいPWAとは?

PWAを導入した方がいいか悩んでいる方へ。Safariでのサポートも進んでいます。PWAとは、オフラインで閲覧できたり速度が遅い環境でも見られたり、最新情報をプッシュ通知で教えてくれたり、ユーザーにとってメリットが大きい技術です。

中国のWeChat(微信)でスマホ画面がスッキリするかもしれない

スマホアプリに興味がある方へ。WeChat(微信)のミニプログラムが提供されています。将来はほとんど使わないスマホアプリをダウンロードすることなく利用できてスマホ画面がスッキリするかもしれません。

ページ読み込み速度がモバイル検索のランキング要素になります

サイト運用担当の方へ。Googleは、 2018年7月からページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを発表しました。

AMPページはティーザーページじゃない

AMP対応をしている方へ。AMP規格のアップデートについて、Googleウェブマスター向け公式ブログ日本版でも正式に公開されています。

女子高生のスマホと言葉の使い方、大人にはイミフ?

中高生向けのサービスを考えている方へ。「LINEの需要は減った」。現役女子高生への言葉です。イマドキの女子高生のアプリ事情を取り上げている最近の記事をまとめました。

【プレミアム】スマホ時代だからこそ重要性が高まるWebデザインにおける情報整理【後編】

Webデザインはスマートフォンでの展開を前提にしたレイアウトが必須となってきています。作業を効率よく行うにはいかに情報を整理しておくかがポイントです。

8月22日開催In-House SEO Meetup基調講演で話されたMFIとRWD

モバイルファーストインデックスが気になっている方へ。8月22日に開催されたIn-House SEO Meetup基調講演で話された、モバイルファーストインデックスへの対応状況とGoogleがレスポンシブウェブデザインを推奨することについてレポートがいくつかまとめられています。

【プレミアム】スマホ時代だからこそ重要性が高まるWebデザインにおける情報整理【前編】

Webデザインはスマートフォンでの展開を前提にしたレイアウトが必須となってきています。作業を効率よく行うにはいかに情報を整理しておくかがポイントです。

【プレミアム】マルチデバイス時代の色選びとセオリー[後編]

マルチデバイスに対応した、読みやすく使いやすいための色選び。 後編では、読んでもらいたい文章のフォントサイズや行間、色について解説します。

【プレミアム】マルチデバイス時代の色選びとセオリー[前編]

マルチデバイスに対応した、読みやすく使いやすいための色選び。 前編では色数やベースカラー、リンクについて、従来の配色方法と比較しながら解説します。

Google アシスタント、ユーザーがお話しする相手は「グーグル」

Google アシスタントが気になっている方へ。Android 6.0 または 7.0 のスマートフォンで利用できるようになった日本語版「Googleアシスタント」。元記事はGoogle アシスタントの開発者インタビューです。

ユーザーのストレスを減らすために「ロングスクロール」を取り入れるメリット

FacebookやTwitterでおなじみの「ロングスクロール」。ここ最近ではニュースサイトでも見られるデザインとなりました。そのポイントをご紹介します。

スマホシフトとレイアウトとデザインが情報の印象に与える影響

日経新聞アプリの紙面ビューアーと電子版を比較して、レイアウトとデザインによって情報に対する印象が変わる、という考察記事です。分かりやすくておもしろい内容です。

郵便局で格安スマホ販売。2月24日から全国へ

スマホの市場シェアが気になる方へ。郵便局で格安スマホ販売、全国に拡大へ。IIJと日本郵便が協業して販売していきます。