ユーザーのストレスを減らすために「ロングスクロール」を取り入れるメリット FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
FacebookやTwitterでおなじみの「ロングスクロール」。ここ最近ではニュースサイトでも見られるデザインとなりました。そのポイントをご紹介します。

170315記事用

画像:Pixabay

以前Google Playの「ベスト オブ 2016」で受賞したNewsPicks。こちらのサイトでもUI/UXを見直し、ニュース・コメント欄を最適化した結果、受賞できたというものがありました。

いかにクールなデザインのサイトを作っても、それが使いにくかったり、見にくかったりした場合、ユーザーにストレスを与えます。
同様に、ローディングに時間がかかってしまっては待たされる時間に対してストレスが溜まります。

そのため「ロングスクロール」というデザインにたどり着きました。

メリットとして
・ナビゲーションがシンプルになる
・コンテンツ全体のダウンロード時間を短くすることができる
・小さなデバイスでも大量の情報を提供することができる

UI/UXの改善でユーザーのストレスを減らしていきたいですね。

ロングスクロールのWebサイトが増えているのはなぜ?その理由とポイントを解説 | ferret

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください