記事一覧NEXT

BtoBのデジタルマーケティングが営業に与える影響

BtoB企業でマーケティングの必要性を感じている方へ。元記事ではBtoBのデジタルマーケティングが営業部の営業戦略に与える影響についてまとめられています。

ジェネレーションZが成人を迎える10年後の消費者行動はどうなる?

未来の消費者の変化を知りたい方へ。A.T.カーニーが10年先の消費者行動がどう変わっていくのかを予測した記事を公開しています。

自動翻訳イヤホンがいよいよ発売される(日本未対応)

外国語が苦手な人へ。とうとう自動リアルタイム翻訳イヤホンがGoogleから登場。ドラえもんのような世界です。

品質管理として本気でWebパフォーマンスに取り組みませんか?

Webパフォーマンスの重要性をチームに分かってもらいたい方へ。品質管理としてWebパフォーマンスに取り組みませんか?なぜ重要なのか?テクニックではない高速化の基本について分かりやすくまとめられている資料です。

【プレミアム】海外と日本のWeb事情(1)

日本とカナダを行き来されている「バンクーバーのうぇぶ屋さん」セナさんに、「海外と日本のWeb事情」 について、インタビューさせていただきました。1回目は「日本と海外でのWeb制作会社の捉え方」について。

AIは手段のひとつであって目的でも成果でもないことを忘れてはいけない

うちもAIで何かできるかな?と上司から言われている方へ。ニュースで目にしない日はない「AI」はあくまで手段のひとつ。目的でも成果でもありません。検討していくうちに「AIありき」とならないよう気をつけましょう。

【プレミアム】AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?第2章

もはやバズワード化している「AI」という言葉。 「人間を凌駕する機械」的な意味で漠然と語られ、施策に人工知能を用いることの意味や意義が曖昧な場面も見られます。大事なことはAI導入から期待される結果、そしてその目論見です。第2章は【AIによる効率化論とともに語られる人材論】について。

【プレミアム】AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?第1章

もはやバズワード化している「AI」という言葉。 「人間を凌駕する機械」的な意味で漠然と語られ、施策に人工知能を用いることの意味や意義が曖昧な場面も見られます。大事なことはAI導入から期待される結果、そしてその目論見です。第1章は【AI導入は企業に何をもたらすのか?今何を考えておくべきか?】について。

GoogleのVR対応の連作ビデオ(YouTube)。モデルのクローゼットに侵入

VRや動画での訴求に興味のある方へ。Googleは自社のVR端末Daydream用の仮想現実ビデオシリーズで、人気コンテンツを探ろうとしています。今回はスーパーモデルのクローゼット紹介。動画の可能性について確認できるビデオです。

最近目にするロボティクスプロセスオートメーション(RPA)とは?

オートメーションに興味がある方へ。AIはほぼ毎日ニュースで目にしますが、ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)も見かけるようになってきました。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)とは?AIと何が違うのか?について元記事ではまとめられています。

ECの近未来をユニクロ柳井さんインタビューから読む

ECサイトを運営している人へ。ユニクロの柳井さんから学べることがたくさんあるかもしれません。記事ではユニクロの柳井さんが物流を重視していること、また情報製造小売業になる事に触れられています。

「Yahoo!カテゴリ」サービス終了でディレクトリ型検索が終わる

昔からSEOに取り組んできた方へ。Yahoo!カテゴリーのサービスが終了します。初期からSEO対策に取り組んできた方には時代を感じてしまうニュースでした。

マネジメントにも技術力は必要。モブプログラミングのメリットとは?

プロジェクトマネジャーの方へ。世界は「技術力」の重視に向かっておりマネージャーも最新テクノロジーの知識が必要です。元記事ではアジャイル界隈で話題になっているモブプログラミングのメリットについても書かれています。

Google アシスタント、ユーザーがお話しする相手は「グーグル」

Google アシスタントが気になっている方へ。Android 6.0 または 7.0 のスマートフォンで利用できるようになった日本語版「Googleアシスタント」。元記事はGoogle アシスタントの開発者インタビューです。

ジャーニーマップが、今後の技術投資の指針であり、答えです

Adobeによる「DXP」第一人者へのインタビュー記事です。DXPはなにか、という用語に興味を持って読み進めると、デジタルマーケティング全盛の時代に起きている課題と、その先に向かうべき指針が細かく言及されています。