【プレミアム】「レスポンシブWebデザインで行こう!」の、その前に(3) FavoriteLoadingあとで読む

: 大和 誠司
ウェブサイト制作において現在主流となっているレスポンシブWebデザイン。しかし実際にはレスポンシブではなく他の方法でサイト構築をしたほうがいい場面も多々あります。(3)では、レスポンシブWebデザイン導入要件についてのポイントを解説します。

今回の記事「レスポンシブWebデザインで行こう!の、その前に」は、実践型プロジェクト管理と精緻なサイト設計に強みをもつ株式会社グランフェアズ 代表取締役 大和誠司氏に寄稿していただきました。

前回記事(2)では、レスポンシブWebデザインへの誤解やレスポンシブWebデザイン以外でのサイト構築の方法について解説しました。
今回は、レスポンシブWebデザイン導入にあたって事前に精査しておきたいポイントについてまとめていきます。

レスポンシブWebデザイン導入要件

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。

プレミアムメンバーとは

 

大和 誠司
この記事を書いた人: 大和 誠司

株式会社グランフェアズ 代表取締役/CEO
株式会社三越で、前例のない企画を多数成功に導き、最年少でバイヤーへ就任。マーケティング業務に携わる中でWebに可能性を見出し転身。現在は、事業会社での経験とテクノロジーを融合したリアルなマーケティングをベースに、Webの内外から業務改善を行うことで課題解決を行っている。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください