【プレミアム】Webメディアの編集者、どんな仕事をしている?後編 FavoriteLoadingあとで読む

: 東郷 宝
いつも見ているあのWebメディアを作っている編集者って、いったいどんな仕事をしているの?現役編集者が普段の仕事内容から編集者になる方法まで包み隠さず教えます。後編では編集者になる方法や、自社で編集者を雇うか外部のパートナーに任せるのか、どちらが良いのかを考察しています。最後にはリアルなお金も話も掲載!!
Webメディアの編集者、どんな仕事をしている?

さてWebメディアの編集者の仕事について、後半戦です。
前半記事の冒頭でも言いましたが、今回はWebメディア中心の編集者について書いています。
ラストには生々しいお金の話も書いてます。ただ知っておいて損はないですよ。

どうすれば編集者になれるのか

編集者になるには、出版業界に入るしかないと思っている方は多いかもしれませんが、そんなことはありません。
もちろん、簡単になれるものではありませんが、出版業界に入れなかったからといって、即あきらめる必要もないんです。

ここでは出版業界も含め、編集者になるためのいくつかの方法をご紹介します。

出版社、編集プロダクションへ入る

編集者というと、雑誌や書籍、漫画などの媒体を思い浮かべる方が多いかと思います(違っていたらすいません…)。
その場合、一般的には出版社に入社し、各編集部に配属されたのち編集者への道を歩んでいきます。これは紙であっても電子書籍であっても基本的には変わりません。テレビや漫画などで描かれている編集者像は大半がこのパターンかと思います。

また、多くの雑誌や書籍は、出版社ではなく編集プロダクションがその作業の大半を請け負っている場合が少なくありません。
出版社から仕事を請け負う編集プロダクションに入社するのも王道パターンです。実際に、この業界では編プロ出身の編集者というだけで期待値も高くなります。反面、大して力量がなかったとしてもチヤホヤされがち。これは最近あった怖い話です(あぁ…すいません。思わずグチが…)。

Webメディア運営会社、コンテンツ制作会社に入る

Web担当者のみなさんには最も身近なところでしょうか。

Webコンテンツの制作を取り仕切るディレクターは立場上、紙媒体の編集者に立場の近いポジションです。実際の業務や仕事の流れにもそれほど大きな違いはありませんので、Webメディアの編集者を目指すのであれば一番近道かもしれません。

また紙媒体出身の編集者よりもWebまわりに強く、自分だけでサイト運営ができる方もたくさんおられます。半面、ライティングスキルとしては心もとない方もチラホラいらっしゃいます。中にはビックリするほど文章スキルの高い方もいますが全体的にみると紙媒体出身者よりは少ないです。

紙出身かWeb出身か、どちらとも得手不得手があるのは仕方ないことです。研鑽を積んでスキルアップするも良し。予算に余裕があるのであれば、ライティングスキルの高いスタッフを補佐として雇うと良いでしょう。

広告制作会社へ入社、後に編集者へ

みなさんイメージする編集者になるための仕事とは違うかもしれませんが、広告制作会社出身の編集者って、意外と多いんですよ。

もちろん社内では編集者という呼び名では呼ばれていません。広告制作会社出身の編集者の大半は制作ディレクター、もしくは制作管理や進行管理者として活躍していた方が大半かもしれません。

尚、広告制作会社では、営業担当が企画や進行管理を担っていることも多く、広告制作会社の営業さんから編集者に転身した方は結構いらっしゃいます。

ちなみにわたしも、某有名転職サイトを運営する人材紹介会社でライター・編集者としてのキャリアがスタートしました。なので分類するとここ出身の編集者になります。

ライターからの転身

ある程度ライターとして活動していると、記事の企画段階から関わることも増えてきます。これはライターあるあるですね。
ここ数年クラウドソーシングサービスなどでWebライターが注目され、いまではライターになる敷居はかなり下がってきています。Webライターからチャンスをつかんで編集者になる道は、いまのトレンドかもしれません。

その他の業界出身者も

どうです?編集者になる方法って意外と多くないですか?

自分自身、人材紹介の会社に入ったことがキッカケで、まさかライター・編集者として独立することになるなんて思いもよりませんでした。

今回上記で紹介した方法以外にも、企業広報・PRから転身して編集者になった方や、アフィリエイターやブロガーから編集者になった方もいらっしゃいます。編集者やライターへの道は一昔前よりもグッと身近になったと言えます。

編集者は自社の社員であるべき?外部パートナーの視点から考える

さて前回の記事でもチラッとふれましたが、もし企業に一人編集者がいればそれはそれは嬉しい存在となるはずです。

メディアや広報誌を作るときにもし編集者が居てくれたら、どれだけ頼りになることか…!と、わたしの熱い思いが届いたとして、実際に編集者をどんなカタチで雇うのかが次の課題になってきます。雇い方は主に以下の3つ。

  • キャリア採用で編集経験者を雇う
  • 自社で育てる
  • 外部パートナーに委託する

それぞれにメリット・デメリットがあるので見ていきましょう

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。

プレミアムメンバーとは

 

東郷 宝
この記事を書いた人: 東郷 宝

クリエイティブらぼフロッケ 代表
ウェブメディア運営やコンテンツ記事制作のほか、若者文化をリサーチしている。

電気通信事業者、システムインテグレーター等で採用・人材育成関連の仕事に従事。総合人材サービス会社でライター・編集者として活動した後、子どもと過ごす時間を優先するためフリーの編集者となる。

主に採用や就活関連の記事を執筆。また、女性比率の高い職場でのマネジメント経験を活かして恋愛相談サイトで連載を持っていたことも。
その他、スポーツ関連媒体や美容アプリ・ライフスタイルメディアにも執筆しているが、本業はあくまでも編集者。
ウェブ担当者通信の編集担当もこっそりやっている。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください