5月25日になる前にGoogle アナリティクスの設定変更をしないと過去のデータが消えます FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
みなさんへ。EUの一般データ保護規則(GDPR)への対応のひとつ。2018年5月25日になる前にGoogle アナリティクスのデータ保持期間の設定を忘れずにやっておきましょう。

5月25日になる前にGoogle アナリティクスの設定変更をしないと過去のデータが消えます

Google アナリティクスの画面上部にも表示されていますし、Googleから「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」というタイトルでメールも送られてきているのでお気づきの方も多いと思います。

2018年5月25日以降、Google アナリティクスのデータ保持コントロールが有効になります。

これは自動的にGoogle アナリティクスのデータが削除されるまでの保持期間を、14 か月、26 か月、38 か月、50 か月、自動的に期限切れにならない、から選択できるようになります。

デフォルトが26ヶ月になっているため、5月25日になる前に「自動的に期限切れにならない」に設定をしておかないと最大50ヶ月よりも以前のGoogle アナリティクスのユーザーデータとイベントデータが消えてしまいます。ユーザーデータとイベントデータがカスタムレポートなどで必要であれば必要期間の設定をしておきましょう。

設定方法は、[管理]>[プロパティ]>[トラッキング情報]>[データ保持] >[ユーザーデータとイベントデータの保持]で上記の期間から希望する保持期間設定を行います。「自動的に期限切れにならない」の設定にしておくと過去のデータが残ります。

今回のGoogleの対応は、2018年5月25日から施行されるEUの一般データ保護規則(GDPR)への取り組みのひとつです。

現時点で設定はできますので忘れないように対応しておきましょう。

Google アナリティクスの「データ保持」期間が設定可能に。デフォルト期間が26か月になっているため確認・変更を行いましょう – KOBIT

データの保持 – アナリティクス ヘルプ

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください