メディアに取り上げられたくなる記事、書いていますか?出来た後はプレスを活用しよう! FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
プレスリリースは、ネタによって記事になりやすい/なりにくいことがあります。また、その内容に工夫を加えることで記事になりやすいプレスリリースにすることも可能です。掲載されやすい記事は、シェアされやすい記事とも言えます。意識してコンテンツを作成してみると、ライティングの術が変わるかもです。

170125記事用

画像:PIXABAY

先日の記事『ブランディングとプロモーションの違いで変わる、プレスリリース活用手段』に続いて、本日も「プレスリリース」についてです!

プレスリリースは、BtoB企業の存在認知に最も使える手段です。プレスを扱うメディアに露出されると、誌面ライターや一斉メルマガに、自社の存在とサイトURLがシェアされることが多いからですね。
また、「プレスリリースを発行しました」というニュースを、自社サイトでも掲載でき、サイトの更新性と質を高めます。

その一方で、BtoCにおいても、企業の信用や話題作りには使えますよね。
自社でLPを作り、知らない商材/サービスを広告でPRする際に、プレスを併用すると相乗効果がでるでしょう。インフルエンサーとなる人材を活用して行うと、顧客には響きやすいのが特徴です。

なんにせよ、3ページ目の冒頭記載にある「信用」を作れること(私は信頼ではなく、こちらを信用と捉えています)が、プロモーションでもブランディングでも活用できるプレスリリースの魅力ですね。

メディアに載るネタ、載らないネタ ちょっとした工夫で作れる、スルーされない効果的なプレスリリース – MarkeZine

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください