海賊版対策はどこへ?スクショNG?著作権法改正どうなる FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
スクショNG?と思った方へ。海賊版対策として著作権法の見直しが検討されている中で、違法と知りつつスクリーンショットすることはNG、となったことでTwitterがざわついていました。

海賊版対策はどこへ?スクショNG?著作権法改正どうなる

画像:pixabay

2019年1月1日より施行されている改正著作権法ですが、さらに海賊版対策として著作権法の見直しが現在検討されています。
2月13日に開催された「文化審議会著作権分科会」で、「違法のものと認識していながらスクリーンショットすることもNG」という項目が含まれておりTwitterがざわつきました。

1月1日に施行された改正著作権法では「デジタル化・ネットワーク化の進展に対応した柔軟な権利制限規定の整備」が取り込まれており、著作物の軽微利用が認められるなどWebサービスを提供している事業者にとってもありがたく、時代を反映した改正になっていました。

今回、著作権法の改正ポイントは「海賊版対策」だったのですが、「現在著作権法にある音楽・映画に加えて、静止画だけでなく文書などのすべてのテキストを対象」として文化庁は国会に提出するそうです。
そして違法と知りながらダウンロードすることだけでなくスクリーンショットをすることも罰則の対象となるようです。

ウェブ担当者にとって著作権が気になる機会は多いです。
まだ法案が通っているわけではありませんが、文化庁からそのうち詳しい説明が出ると思いますので、1月1日から施行された改正著作権法の変更点とともに文化庁サイトを見ておいてもいいかもしれません。

「スクショNG」は海賊版対策に有効か 気になる「表現の自由」への影響(植村八潮) – 個人 – Yahoo!ニュース

著作権法の一部を改正する法律(平成30年法律第30号)について | 文化庁

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。