リスク低減を考慮したレンタルサーバー選び FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
レンタルサーバーの選び方が知りたい方へ。避けられないレンタルサーバー障害により、自社サービスが受ける影響を最小限にとどめるために、リスク低減からレンタルサーバー選びを考えましょう。

リスク低減を考慮したレンタルサーバー選び

画像:PictArts ピクトアーツ

ウェブ通で連載中の「【プレミアム】ゼンロジック(Zenlogic)とGCPの障害から考えるウェブ担の必須サーバー知識」でも書いていますが、レンタルサーバーなど外部のサービスを利用している以上、何らかの予期せぬトラブルにより自社のサービス提供に影響が及ぶことがあります。
ウェブ担当者として最低限必須のサーバーに関する知識を身につけ、適切なリスクへの対処をしていくことが求められます。

今回取り上げている記事「レンタルサーバーを選定比較する際に、考えておきたいリスク低減について | レンタルサーバーのCPIスタッフブログ」では、レンタルサーバーを選定する比較項目のひとつとしての「リスク低減」についてまとめられています。
レンタルサーバーのリスク低減項目として4つあげられています。

バックアップの取得先
ウェブサーバーと別のサーバーにバックアップを取得する
サーバー構成
バックアップサーバー同様にウェブサーバーとメールサーバーを分離することが望ましい
サポート体制
電話サポートがあると緊急対応がやりやすい
過去の障害状況
できるだけ障害が少ない会社を選ぶ

レンタルサーバーを選定比較する際に、考えておきたいリスク低減について | レンタルサーバーのCPIスタッフブログ

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください