ブランドリフト調査報告 – インフィード広告はユーザーに愛されるのか? FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
Yahooと博報堂DYデジタルによるインフィード広告の「ブランドリフト調査」報告の記事です。ブランディングへの貢献度が高い広告、という結果が表れています。

170301-02記事用

画像:Pixabay

広告を出して、都度そのときのCV計測を行うというのは、一般的になりました。
しかし、CVばかりを狙っていると、企業のファンづくりやエンゲージメントを高める活動についてはおざなりになりがちですよね。

一人ひとり捉え方が代わる多様性の時代に、分析においてもこうした対「個人」への影響度調査を実施できるというのは、非常に重要なことだと思います。

本記事は、インフィードをもっと効果的に使いましょう、という記事自体が広告ではありますが、その魅力を知るためには十分な説明だと思いましたので、ピックアップしました。ぜひご覧ください。

ヤフーと博報堂DYデジタルが語る、インフィード広告のブランディング活用への可能性| 宣伝会議 – AdverTimes(アドタイ)

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください