MAU比較 – FacebookとLINE、Instagramが今後も好調の兆し。 FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
FacebookをはじめとするTwitter、LINEといったソーシャルメディア各社の最新の決算報告などを基に、各社の現状や動きを分析した記事です。

170223記事用

画像:PIXABAY

月間アクティブユーザー数(MAU)は、全体としてFacebookがトップの18.6億人。

前期比104%の水準を維持して順調に増加しているのに対して、日本国内では、メッセンジャーアプリとしての立ち位置を確保しているLINEが6,600万人とトップを走っています。

そんななかで、日本国内ともに大きく成長したのが、Instagram。
2016年8月にリリースした消える投稿「Instagram Stories」が好調で、全体としては、半年間でMAUが1億人増加、国内でも前年比174%の1,600万人と大幅に増加しています。

「Instagram Stories」内で広告の試験運用も開始されていて、『最も閲覧されたインスタグラム ストーリーズの投稿のうち、3分の1はビジネスによるもの(Facebook newsroonより)』と発表されているように、広告利用としての伸びが期待されています。ウェブ担当者もSNS上の動きについて、今後の同行に注目しておきたいですね。

【2017年2月最新版】直近決算発表に基づくFacebook、Instagram、Twitter、LINEの比較 | in the loopニュース

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください