企業も消費者も喜ぶ、体験型サービスのポイントは「ハッシュタグ」 FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
新しいサービスのポイントとなっているSNSで利用される「ハッシュタグ」。商品と同時に、そのサービスを目的に来場している消費者もいるのではないでしょうか。

170223記事用

画像:PIXABAY

最近では「体験」にフォーカスしたサービスや新事業がとても多くなったと感じていますが、
Sow Experienceは体験ギフトを提供している企業だが、少し前からこうした体験型イベントが話題となっています。

SNSで、来場者に撮った商品やその店にちなんだ写真を指定のハッシュタグを付け投稿してもらう「#Snsnap」や、
設置された機会でオリジナルデザインの写真や動画が撮影できる「#MirrorSnap」、
ブランド側がハッシュタグ利用者に対して、リターゲティング広告を配信できるようにする広告サービス「#REALAD」。

これからはリアル(体験)× デジタルにより、また来店したくなるようなユーザーを巻き込む「体験」サービスが増えてくるのではないでしょうか。

リアル×デジタル「#Snsnap」が創る新時代のSNSマーケティング | U-NOTE

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください