今最も注目されている広告サービスAmazon Marketing Service(AMS) FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
AMSを使ったことがない広告運用担当者の方へ。元記事では、今最も注目されている広告サービスAmazon Marketing Service(AMS)の概要と始め方についてまとめてくれています。

今最も注目されている広告サービスAmazon Marketing Service(AMS)

画像:【プレミアム】ECサイト運営者なら知っておきたいAmazonのリスティング広告より

今最も注目されている広告サービスといえば、Amazonの検索連動型広告AMS(Amazon Marketing Services)。

Unyoo.jpさんの記事では、はじめてAMSを知った方、運用したことがない方向けに概要と始め方についてまとめてくれています。
記事ではAMSが今注目されている理由として以下のように書かれています。

消費行動のまさにその瞬間を狙えるというタイミングの優位性、正確な住所や購入履歴といった情報の連続性と正確性、Prime Video や Amazon Music といった周辺サービスの利用状況など、他の企業では手に入れることが難しいデータを膨大に蓄積している点で将来性の高さが突出していると言えるでしょう。

Amazonユーザーは商品を探すときにはGoogleなどで検索をするのではなくAmazon内で商品を探すことが多く、また顧客の商品検索データや購買データなど独自のデータをAmazonは豊富に持っています。
Amazonに出品しているECサイトのウェブ担当者は、AMSをさっそくはじめてみてもいいかもしれません。

先日ウェブ通でも、リスティング広告の実務担当をしていただいている鳴海拓也さんに「【プレミアム】ECサイト運営者なら知っておきたいAmazonのリスティング広告」をプレミアムメンバー限定記事で書いていただきました。
その記事では、AMSを実際に運用した実績データやGoogle AdWordsとの比較もまとめていますので、AMSに興味があるプレミアムメンバーの方は合わせて参考にしてください。

シリーズ:AMS運用最前線 第1回 - Amazon Marketing Service(AMS)の始め方 | Unyoo.jp

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください