【プレミアム】ECサイト運営者なら知っておきたいAmazonのリスティング広告 FavoriteLoadingあとで読む

: 鳴海拓也
今注目されるAmazonの検索連動型広告AMS(Amazon Marketing Services)とはどんなものなのか。特徴や種類など、Google AdWordsと比較しながら、実際に運用した感想を書いていきます。

Amazonに出品しているECサイトのウェブ担当者が注目すべき検索連動型広告(Amazon Marketing Services)が始まっています。

日本ではGoogle AdWordsやスポンサードサーチと比べて知名度が低いですが、最近のAmazonの動きや海外のマーケティング関連ニュースを見ていると2018年はさらに注目を浴びることになりそうです。
Amazonの検索連動型広告(厳密にはAmazon Marketing Servicesには検索連動型ではないメニューもありますが、メインは検索連動型広告なのでここでは検索連動型広告とします)はどんなものなのか、Amazon Marketing Servicesを実際に運用した感想を書いていきたいと思います。

Amazonの検索連動型広告(AMS)とは

Amazonの検索連動型広告はAMS(Amazon Marketing Services)と呼ばれています。
検索連動型広告なのでAmazonユーザーが検索したキーワードに連動して関連する商品が広告として表示されます。この検索連動型広告がAMSのメインの広告メニューになります。Google AdWordsやスポンサードサーチと仕組みが似ているのでイメージしやすい人も多いと思います。

AMSにはもう1つ広告メニューがあり、Amazonユーザーの興味・関心に連動した広告を表示するものもあります。詳しくは各広告メニューの章で説明していきます。

AMSの特徴

AMSは主に下記のような特徴があります。

  • 購買意欲の高いAmazonユーザーにリーチできる
  • 月間訪問者数はデスクトップ約1,636万、モバイルで約3,456万(日本における数値) ※1
  • デスクトップ、モバイルの両方に広告配信
  • 1日100円から広告掲載が可能
  • 広告がクリックされた時だけ課金
  • ランディングページはAmazon内のページ(独自ドメインへはリンクできない)

AMSの特徴を1つずつ説明していきます。

1. Amazonを訪問する購買意欲が高いユーザーへのリーチ

Amazonの検索連動型広告はすでにAmazonに訪問している時点で、何かしら購買意欲の高いユーザーが多いです。検索連動型広告を使うことで、検索結果の上位または1ページ目などに表示することができるため、購買意欲の高いユーザーにリーチしやすいです。

2. デスクトップ、モバイル、Amazonショッピングアプリに広告配信

配信デバイスはデスクトップ、モバイル両方で広告を出すことができます。Amazonショッピングアプリでも広告は表示されます。

3. 1日100円から広告掲載可能、クリック課金

広告費は1日100円から掲載が可能で、クリック課金です。Google AdWordsやスポンサードサーチとそっくりですね。

4. ランディングページはAmazon内のページ

最後に、ランディングページはAmazon内にあるページになります。独自ドメインサイトにはリンクすることができません。ここはGoogle AdWordsやスポンサードサーチとは異なる点です。

※1 m.media-amazon.com/images/G/09/AdProductsWebsite/Whats_online_ad.pdf

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

鳴海拓也
この記事を書いた人: 鳴海拓也

クロスシナジー株式会社 代表取締役
2005年にリスティング広告に興味を持ち独学で実施。運良く広告経由で売上を上げ、リスティング広告にはまる。2007年から広告代理店にてリスティング広告に携わり 2012 年に独立。SEMカフェ主催メンバー。クライアントのリスティング広告実務を行いつつ、Google AdWords の管理画面の使い方や AdWords Editor の使い方などの初心者向けの勉強会を開催するなど、より多くの方の Google AdWords 理解、そして利用を助けるため活動中。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください