狙い通りのインタビュー記事にするためにディレクターがやっておくこと FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
インタビュー記事が難しいと感じている方へ。事前に準備をして万全を整えてインタビューしたはずなのに、仕上がった記事が魅力的じゃない...といった経験はありませんか?元記事では、ディレクターがやっておくべきインタビューの取り組み方についてまとめられています。

狙い通りのインタビュー記事にするためにディレクターがやっておくこと

画像:写真AC

記事コンテンツのひとつにインタビュー記事があります。
たとえば、サービスに関連した人やその道で著名な人へ取材・インタビューをして記事にしたり、お客さま事例やスタッフ紹介としてクライアントや社内スタッフへのインタビューを行って記事とすることもあると思います。

事前に準備をして万全を整えてインタビューしたはずなのに、仕上がった記事が魅力的じゃない…といった経験はありませんか?

元記事では、狙い通りのインタビュー記事にするためのインタビューの取り組み方についてまとめられています。

インタビュー記事が狙い通りにならないのは、ライターのせいでもインタビュアーのせいでも取材対象者の人選ミスでもありません。そのほとんどの原因はディレクションのまずさにあります。

「ライターの手配」「インタビューの意図と目的の意識合わせ」「記事の流れとオチの想定」「現場でのフォロー」「原稿チェックと修正」。
ディレクターには、インタビューにおける大きな5つのタスクを押さえ、的確な指示と軌道修正が求められます。

元記事は分かりやすくまとめられていますので、インタビューを行うときにはぜひ忘れないようにポイントを押さえておきましょう。

インタビューにおける編集者の役割は?【成田幸久のコンテンツ相談室】 – Content Hub(コンテンツハブ) | ナイル株式会社

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください