【プレミアム】Tableauを業務で使うと便利になること(4) FavoriteLoadingあとで読む

: 寳洋平
ビジネスにおける意思決定において必要なデータを見るためには異なるデータをつなぐ必要があります。4回目では「Tableauでデータをつなぐうえで第一歩として出てくる結合とブレンド」についてまとめています。

寳さん

結合とブレンドについて

第3回で記載したリスティング広告運用のレポート例から、意思決定には異なるデータをつなぐ必要があることを改めて実感いただけたと思います。
Tableauでデータをつなぐうえで第一歩として出てくるのは結合とブレンドです。それぞれ簡潔に説明しておきます。

結合

同じデータソース、例えばExcelファイル内の別シートにあるデータをつなぐとき、結合を使います。
例として、ファイル内にキーワードデータと顧客管理データがこんなふうに入っていたとします。

キーワードデータ

キーワードデータ

顧客管理データ

顧客管理データ

Tableauのデータソース画面で、どちらのデータにも存在する「キーワード」をキーとして、このデータを結合します。

データの結合

結合タイプには、内部結合と左結合、右結合、完全外部結合の4種類があり、それぞれ結合の仕方が変わるので、目的に応じて選択します。

結合の種類とどう結合するか
結合の名前 どう結合するか 上記例での表示行
内部結合 キーとなるフィールドが両方揃っている行だけ結合する 冷え性、冷えとり、冷えとり靴下、冷えとり生活
左結合 左の表はすべて、右の表は一致する行だけ結合する 冷え性、冷えとり、冷えとり靴下、冷えとり生活、男性 冷え性
右結合 右の表はすべて、左の表は一致する行だけ結合する 冷え性、冷えとり、冷えとり靴下、冷えとり生活
完全外部結合 両方の表からすべて表示し、一致しない場合Nullを返す 冷え性、冷えとり、冷えとり靴下、冷えとり生活、男性 冷え性

ここでは左側にあるキーワードデータの全行を表示させたいので、左結合を選択します。

2つのデータが結合された状態

2つのデータが結合された状態

これで上記のキャプチャのように、「キーワードデータ」に入っていた費用と「顧客管理データ」に入っていた収益が結合され、計算指標であるROAS(Return On Advertising Spend)を出すことができるようになりました。
これにより、たとえば列に「ROAS」、行に「収益」をもってきて、簡単に散布図を描画することもできるようになります。

列に「ROAS」、行に「収益」を入れた図

列に「ROAS」、行に「収益」

ブレンド

異なるデータソースからデータを取り込む際にはブレンドを使います(ブレンドでできるのは先ほど説明した結合の種類では、内部結合のみです)。

ごく簡単な例ですが、Googleアナリティクスのデータと、Excelのデータをつないで、新規ユーザーの月別の実績と目標を出し、達成率を確認してみます。
Tableau Desktopから、GoogleアナリティクスAPIへの接続が可能です。

Googleアナリティクスの新規ユーザー数とExcelファイルの目標がつないで達成率を出す

1. TableauからGoogleアナリティクスに接続します。

TableauからGoogleアナリティクス

2. Googleアナリティクスで見たいディメンションとメジャーを選択します。

ディメンションとメジャーを選択

3. Googleアナリティクスのデータを取り込めたら、Excelファイルを追加する

Excelファイルを追加

Excelファイルを追加

4. データが連結されます

データが連結

上記のキャプチャのように、Googleアナリティクスのデータに入っていた新規ユーザー数とExcelファイルに入っていた目標が連結され、計算指標である達成率を出すことができます。

このように、異なるデータソースからもデータをつなげることが可能になります。

アユダンテ社のQuick DMPについて

4回にわたって、「Tableauを業務で使うと便利になること」について書いていきましたが、いかがでしたしょうか。

ここで共有させていただいたことはTableauのほんの一部で、他にも魅力がたくさんあるツールだと考えています。
この記事を読むことでTableauに興味がすこしでもわいたら、まずは触ってみていただければ幸いです。

アユダンテ社が提供しているQuick DMPは、1日1回Amazonのクラウド上にあるRedshiftデータベースにデータをためることで、より効率的な分析環境を作っています。
関心のある方は、弊社・加藤の書いたこちらのブログ記事も併せてお読みください。

参考:Quick DMPってホントに使えるの?
www.ayudante.jp/column/2016-09-12/20-36/

【特典】プレミアムメンバー限定プレゼント

データビジュアライゼーションの目的は、データにデザインを与えることで見る人にとって分かりやすく、思考が進みアイデアが生まれやすくすることです。

データ活用・データ分析に悩んでいるウェブ通プレミアムメンバーの方。
データビジュアライゼーションツールTableau+自社データで、どうレポートすればデータ活用・分析に活かせられるのか、を相談してみませんか?

ウェブ通プレミアムメンバーの方限定1社、コンサルティングおよびレポーティングを2ヶ月無料でお試しできます。

2ヶ月間無料試用できること

  1. Quick DMPサービスに含まれるサービス2「オンデマンドレポートサービス」
    「オンデマンドレポートサービス」とは、アユダンテが毎日最新に更新し管理するデータを利用でき、Tableauワークブックを毎日開くだけで最新データでレポートを確認できるサービスです。また、Tableau Desktopを利用するので社内データも必要に応じて追加して分析可能です。
  2. データドリブンマーケティングに必要なコンサルティング(データおよびTableauダッシュボード)を最初に行います。

GoogleやYahoo!のデータだけでなく、天候データや祝祭日カレンダーデータなどSEO/SEM業務に必要なデータも利用可能です。

(*)APIでデータ取得する関係上、運用アカウントへのアクセス権限付与などが必要となります。

(*)Tableau Desktopを利用するにあたり、Tableau Desktopのライセンスが必要となりますが、既にライセンスお持ちの方は今お使いのライセンスをご利用いただき、まだライセンスお持ちでない方に関しては、試用版ライセンスをご利用いただく形になります。ライセンス試用期間のご相談も受け付けます。

経営層への報告レポートやクライアントへインタラクティブなレポートで効率よくミーティングが行えるようTableauを検討されている方、Tableauを使っているけど使いこなせていないと感じている方、ぜひこの機会をご利用ください。

ご希望のプレミアムメンバーの方は、1on1個別相談(ログインしてください。他のメンバーの方に連絡内容は見えません。)よりご連絡ください。(6月中旬頃応募締切予定
なおよろしければ、試用期間終了後にQuick DMPの事例として参加いただけるとうれしく思っています。ご応募お待ちいたしております。

目次

寳洋平
この記事を書いた人: 寳洋平

アユダンテ株式会社、SEMコンサルタント。
Googleアナリティクスを活用しリスティング広告の設計・運用、およびコンサルティングを行っている。著書に「いちばんやさしいリスティング広告の教本(インプレスジャパン)」「新版 SEM:リスティング広告(インプレスジャパン)」がある。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください