HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

単品・リピート通販型ECサイトは『主力製品』に戦力を集中させよ!

中小企業のECサイト運営者、必見!自社の強みとなる「主力製品」を選ぶことから、その先のカートシステム・戦術の組み立て方までをまとめた記事をご紹介します。

170301-03記事用

画像:Pixabay

たくさんの商品が乱立するサイトを尻目に、単品商品で売上を最大化しようとする動きも、最近見受けられるようになってきました。

主力商品に絞込むことは、ある意味ECサイトを運営する側にとっては、「捨て駒」を作る覚悟が必要です。ですが、限られた予算や時間・生産力などの資源を、集中して投下することを選ばないと、中小企業にとっては生き残れなくなってしまう可能性があります。

本文の中にも

『一般的に販促効果はそれらのリソース(費用・工数)の2乗に比例すると言われている。1商品のみの場合はリソースを10とすると販促効果は100となる。しかし2商品になった場合にはリソースが5になるので販促効果は25、3商品になった場合には10.89と、一気に販促効果は落ちていく。』

と書かれているように、強い力をより分散してしまうと、個性ある商品にスキをつかれ、移り代わりの激しい消費者を簡単に失いかねません。

本記事には、こうした概念をもとに、とるべき対策や選ぶべきカートなど具体的な話題にまで言及しています。ぜひ、ECサイトを単品で乗り切りたい方にお届けしたい記事です。

単品通販・リピート通販のリスクを減らし、しっかり効果を上げるために考えるべきポイント – どのように単品・リピートに特化したECサイト運営に取り組んでいくべきか| eコマースコンバージョンラボ

高田 信宏
この記事を書いた人:高田 信宏

NPO法人クリエイター育成協会 理事/東京マネージャー
ワットエバーロング株式会社 代表取締役
デジタルハリウッドSTUDIO渋谷 Webディレクション講座 講師
Webマーケティング企業に入社しSEOディレクターとして活動後、IT教育企業に転身。Webマスター兼講師として、各種サイトの運営管理を行う傍ら、講義やセミナーを通して、デザインとマーケティングの両極からの視点を伝える教育に励む。
著書:『デザイナーのためのプロの制作術が身につく Webディレクションの教科書』(共著、SBクリエイティブ社)


 

投稿アイコンを選んでください