【プレミアム】新谷編集長に学ぶ「週刊文春」の競争戦略セミナーレポート FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
編集作業やコンテンツを作成する人へ。週刊文春の新谷編集長が、今気にしていることや心がけていること、編集体制などをセミナーで話してくれました。

ウェブ担当者通信の代表である丸山が「これは!」と思った優良セミナーを受けてきて、感想をお伝えするものです。内容については丸山の解釈が入りますので、間違っている部分があるかも知れません。もし内容を気に入ったり、より詳しいお話がお聞きになりたい場合などは、ぜひ著者・主催者のセミナーに参加されることをお薦めいたします。

tv

画像:Pixabay

タイトル
新谷編集長に学ぶ「週刊文春」の競争戦略
開催日時
2017年6月14日(水)19:00-21:00
主催
アカデミーヒルズ
講師
講師 新谷学「週刊文春」編集長
モデレーター 楠木健 一橋大学国際企業戦略研究科教授
受講価格
5,000円

このセミナーについて

このセミナーに参加した理由

昨今話題の文春砲。

一気に売れ行きを回復させた新谷編集長は、いったいどのようにして文春を再度メジャーに返り咲かせたのでしょうか?また多くの有名人を震え上がらせている文春砲はどのように生まれるのでしょうか?

逆風がふきあれる出版業において異彩をはなっている文春さんの話を聞くことで、ウェブ担当者にとってインターネット時代にどのようなコンテンツを発信していくべきか考えるべきヒントをもらえると思いましたので、参加してきました。

こんなセミナーでした

まず新谷氏の顔が上品で驚きました。私の中ではゴシップ系の方って某芸能レポーターさんのようなイメージだったので。。しかしお話を聞いていくとしっかりとした哲学をおもちで、上品さを感じる理由もなんとなくわかりました。またモデレーターの一橋大学教授楠木氏の洞察が鋭く、人にとってのコンテンツや生き方、社会など含めかなり深い話が展開されたと思います。講座に参加して正解でした。

セミナー参加者の属性

定員150名が満席でした。出版業からNHKの方などメディアの人が多かったようです。インターネットメディアを運営している人もいました。

セミナーメモ

  • コンテンツではなく、その奥に届いている価値に注目する
  • 善悪で人を攻撃することなかれ
  • 苦しい時こそフルスイング

興味のある方はぜひ主催者のページをご覧ください。

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください