【プレミアム】ウェブ担当者として効率的に結果を出すための3つの方法 FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
ウェブ担当者通信事務局内で「より求められるウェブ担当者を効率的に目指すためには何が必要か?」という話題が出たことがきっかけで、丸山自身がプロのウェブコンサルタントとして重宝されるようなったコツ・秘訣を全三回の連載で詳しくまとめました。プレミアムメンバーのみに公開していた記事をe通信読者限定でお届けします。
ウェブ担当者として効率的に結果を出すための3つの方法

ウェブ担当者通信・ウェブジョブズ代表 丸山耕二

ウェブ担当者・ウェブディレクターが効率的に結果を出すための3つの方法

ウェブ担当者通信代表・丸山のところには、多くの方から「ウェブサイトが頭打ちだが、突破口が見つからない」と相談がきます。

確かに、経験のあるコンサルタントは、突破口を見つけるのがうまく、結果を出していくようです。
ところで、なぜ、僕らのような外部コンサルタントは見つけることができる突破口が、企業内の人だけだと見つけづらいのでしょうか?僕自身、多くの人とお話して思うのは、やはり一番大きいのが「経験の差」ではないかと思います。

この「経験の差」についてですが、僕自身はかなり楽観的です。というのも「経験の差」を埋める方法論をもっていれば、たとえ初心者であっても、セミプロであっても、プロであっても、いつでもショートカットができると考えているからです。

ではどうすれば、ウェブ担当者として効率的に結果を出すことができるのでしょうか?丸山自身がウェブコンサルタントとして、ウェブ担当者として重宝されるようになったコツ・秘訣を全3回でお届けします。

  1. 短期間で「この人はプロだ」と思われる方法
  2. 上司やクライアントに、うまく対応する方法
  3. うまく他人から協力してもらう方法

この特集記事はe通信読者限定の記事となります。

e通信とは、最新ニュースや実践的なWeb情報をお送りするウェブ担当者向けの無料メルマガです。

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください