Wi-Fiの100倍早いLi-Fiは、2018年にも7000億円規模に FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
IoTや未来技術に興味があってLi-Fiという用語を知らない人は、この概要だけでも知っておくと良いと思います。

ads

画像:Pixabay

Wi-Fiは電波を使って通信を行いますが、可視光を使って通信を行うのがLi-Fiです。光を使うので通信速度が速く、今の一般的なWi-Fiの100倍(1Gbps)程度でます。また光なので消費電力が小さく、電波傍受といったセキュリティリスクも小さくなります。

反面、今は室内でないと使えないなど光ならではの弱点があり、Wi-Fiと違い相互補完しながら、今後様々な箇所で活用されていくと考えられています。AppleのiPhoneにも搭載計画があったり、シンガポールは国策でLi-Fiを進めており、その市場規模は2018年には7000億円規模に到達すると考えられています。

Wi-Fiの次に来るもの “Li-Fi” ―IoT時代の5GとLi-Fiの関係― – 思考のカケラ

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください