世界最大のエレクトロニクスショーCES2019、各社“OPEN”がキーワード FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
2019年の世の中の動きが知りたい方へ。世界最大のエレクトロニクスショーCES2019のレポートによると「OPEN」がキーワードのようです。

世界最大のエレクトロニクスショーCES2019、各社“OPEN”がキーワード

画像:pixabay

1月8日から11日までラスベガスで開催されていた世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクスショー(家電見本市)CES。
CES2019で目立っていたのはGoogle・Amazonであり、ハードウェア機器よりも「5G」「AI」といった次世代技術のキーワードだそうです。

いろんなメディアで取材レポート記事があがっていますが、個人的にIoTNEWSの「CES2019レポート」を読んでいます。
そのレポートの中に「OPENがキーワード、中国企業の存在感低下か ーCES2019レポート23」というタイトルの記事があります。

LG、IBM、VerizonのキーノートやIntel、Samsungのプレスカンファレンスでは、自社サービスを全面的に押し出して優位性をプレゼンをするのではなく、各社とも“OPEN”をキーワードとしていたそうです。以下引用します。

自社への囲い込みや、エクスクルーシブなサービスを押し出すのではなく、各社とも“OPEN”をキーワードに、技術的な優位性は示しつつ、自社と繋がる企業やサービス、製品が増やそうとしている。これらが広がることがプラットフォームとしての強さとなり、事業成長へ繋がるというわけだ。

デジタルテクノロジーが進化する中で、今後業界構造も激変する、とも言われています。API公開やデータ活用など他社・異業種とのつながりがビジネスにおいてすでに重要になっています。
ウェブ担当者として今何を知っておくべきなのか、ウェブ界隈はどうなっていくのかを知識として持っておくことは大切かもしれません。

OPENがキーワード、中国企業の存在感低下か ーCES2019レポート23 | IoTニュース:IoT NEWS

ウェブ担当者通信では2019年1月25日(金)に「ウェブ担当者が今知っておきたいWeb界隈の最新動向」セミナーを開催します。

セミナーのお知らせ「ウェブ担当者が今知っておきたいWeb界隈の最新動向」 | ウェブ担当者通信

ウェブ担当者が今知っておきたいWeb界隈の最新動向

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。