テクノロジーを「ひと」のために -アクセンチュア調査レポートより- FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
毎年アクセンチュアがまとめている調査レポート「テクノロジービジョン」。2016年は「主役は”ひと”」。2017年は「”ひと”のためのテクノロジーの出現を予測」。テクノロジーがどう世界を変えていくのか?わたしたちにどう影響してくるのか?これからを語るネタのひとつとして読んでおきましょう。

画像:写真AC

アクセンチュアが2017年1月27日、世界的なテクノロジートレンドに関する年次調査レポート「テクノロジービジョン2017」を公開しました。

かつてないスピードでテクノロジーが進化しています。
それに伴いヒトの行動も変わってきています。

テクノロジーの進化により何がどう変わるのか?アクセンチュアは5つのトレンドを挙げています。

  1. AIは新しいユーザーインターフェース 「体験」を第一に
  2. 無限の可能性を持つエコシステム “Weエコノミー”のパワーを解放する
  3. 人材のマーケットプレイス 未来を創造する
  4. “ひと”のためのデザイン 新たな行動を喚起する
  5. 未踏の領域へ 新しい産業と標準の創出

2016年は「データと”ひと”」にフォーカスしていましたが、2017年は「”ひと”の行動」によりフォーカスしているように感じます。
興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

テクノロジービジョン2017 | Accenture Tech Vision -アクセンチュア

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください