【プレミアム】縦長ペラ一枚のページはもう古い!?『ランディングページ』を改めて考える FavoriteLoadingあとで読む

: 中塚 玲央
あなたの商品が売れないのは、ランディングページのデザインが時代遅れだからじゃない?原因は“〇〇目線”にこだわった売り方ができていないからなんです。

物販を行っている企業などでよく使われる『縦長ペラ一枚のランディングページ』。
一時期、販売といえばこの形のページが主流になっていましたが、つい最近では「縦長ランディングページでは売れない…どうすればいいのか…」といった声や相談もちらほらお聞きします。

本コラムでは、『縦長ペラ一枚のランディングページ』はもはや古くて通用しないものなのか?この点について考察していきます。

そもそも『ランディングページ』とは?

『ランディングページ=セールス用のページ』といったイメージが先行されていますが、ランディングページの元々の意味としては「ユーザーが広告などをクリックして最初にアクセスしたページ」、つまり最初の着地点となるページのことを指しますので、厳密にいえばどのページもランディングページとなり得ます。

その導線をサイト側が意図して設計し誘導することで販売などの成果向上を狙っていたため、『ランディングページ=セールス用のページ』という認識が広がったのだと思われます。

つまりランディングページ単体で考えるのではなく、誘導設計なども含めた『ランディングページ戦略』として改めて考える必要があるのではないでしょうか。

またランディングページが1ページで完結するか、ページ遷移があるかはその状況によって異なるもので、1ページで収めた方がわかりやすくて結果的に縦長になったというのが今までの傾向であっただけかと思います。

もう少し付け加えると、スマートフォンで閲覧するページはデバイスの性質上、基本的には縦長ページになります。そのため「縦長ページがいい悪いという議論自体が的を射ていない」と言えるでしょう。

ではなぜ、「成果が下がってきた」と感じるのか?

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。

プレミアムメンバーとは

 

中塚 玲央
この記事を書いた人: 中塚 玲央

中小企業向けの伝わるデザインを得意とするデザイナー。クライアントからのリピート率は90%以上と信頼も厚い。
クライアントの関係があるため公には言えないが、某一部上場企業の会長が参加したセミナーページ作成など多数の有名サイトを手掛ける。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください