AIの進化が止まらない。「AI記者」登場で「人間記者」の反応は? FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
「AI記者」を導入した日本経済新聞社。「全自動」とは考えられない記事の完成度にとても驚きます。仕事がなくなるかもしれない記者の反応は、意外なものでした。

170308記事用

画像:photo AC

窓口案内から駅案内まで様々なところへ導入され始めている「AI」ですが、ついに記者の仕事までこなすようになりましたね。

「AIがこなす仕事」が増えた場合、私たちにしか出来ないことも、考えていかなければいけません。以前よりも、人ならではの仕事に注目をする人が、増えてきています。

現在記者の仕事は、新聞やオンラインに掲載する決算やマーケット関連記事の執筆と膨大な量があるなかで、記者の人数は減っているために、一人当たりの業務量が増える傾向にあるそうです。

記者の人たちは「AI記者」を利用することで、仕事の振り分けが出来て、効率良く回せるチャンスを掴みました。「共生」が可能ということですね。

AIの「広く浅く早く」という強みではカバーできない、私たち一人ひとりの持つ「力」・「強み」の部分を担保することで、より納得してもらうサービスを今後も作り上げたいものです。

日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」 | ITmedia NEWS

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください