WordPressが使えるようになりたければイベントに参加しよう! FavoriteLoadingあとで読む

:森野 誠之

HOME – WordFes Nagoya 2014
2014.wordfes.org/
300x250_WordFes2014_bnr02

WordPressはなんとなく面白い

WordPressを使っている、使ってみたいという人は多いのではないのでしょうか?

そういった時にはGoogleで検索して調べるか本を買うかのどちらかが多いと思います。
phpとかに詳しくなくても書かれていることをやっていくだけである程度のことはできてしまいますから。

今まではWebサイトなんて専門家だけが扱うものだと思っていたのに、サーバーにもボタン一つでインストールできるし、プラグインを入れればどんどん機能が追加できるし、テーマを落とせば見た目だって変更できます。

これが楽しい。

自分でもWebサイトを作ることができるという自信がつきますし、それを見た知り合いから制作を頼まれることも出てきます。

でも、所詮は素人の真似事

検索で出てきたページの内容が正しいとは限りませんし、本の内容が最新とも限りません。

私も以前はWordPressをいじっていたころがありまして、ググってやってみてできなくて悩んで・・・を繰り返しておりました。

知識はそこそこ身についたんですが如何せん独学なのでやってはいけないことをやっていた時もありますし、プラグインを入れすぎてそれ同士がぶつかって動かなくなったりと、トラブルは絶えませんでした。

一番良くなかったのはphpの知識が身につかなかったことです。
どこかでコードを見つけてきてそのままコピペしていたのでは身につきませんよね(笑)。

また、セキュリティ面を考慮していないので乗っ取られる可能性もありますし、自分が作ったものが数年後にはバージョンアップで使えなくなっている時もあります。

その時はできる、でもずっと使えるWebサイトにはなっていない。

これは大問題です。

正しい知識は正しいことを知っている人に聞く

やっぱりこれが一番でしょう。

WordPressにはWordBenchというユーザー会が全国にありまして、2014年8月の時点では40ほどのグループが活動しています。
Groups | WordBench
wordbench.org/groups/

私も名古屋のグループに参加(というかいただけ)していた時期があって、色々なことを聞いて思ったことは、いい人が多い!ということ。
WordPressはオープンソースだからかどうかはわかりませんが、皆さん親切で何でも教えてもらえます。
(でも、ちゃんと勉強してから行った方が良いです)

困った時に見ればよいサイト、書籍などもわかりますし、詳しい人たちに気軽に聞けるようになるのが一番のメリットです。

昨今は無料ツールが増えて便利になった一方でサポートがないものが多く、使い方が分からないものって多いですよね。
そんな時に活発な活動をしているユーザー会があるのはとても助かります。

まとめ

ネットだけ完結しそうな世界でもリアルのつながりって大切です。

悩んだときは重い腰を上げて行動してみると、意外とあっさり解決しますよ。

あとがき

独学である程度やったらちゃんとしたところに行って知識を整えないといけないですね。

悪い癖が染み付いたら治りにくくなりますので。

更新:2014年9月2日

ニュースのキュレーター:森野 誠之
中小企業のWEB運営担当: 森野誠之(モリノセイジ)
http://www.uneidou.com/
運営堂 代表/愛知大学非常勤講師
お膝元である愛知県を中心に地方のWEB運用を熟知し、主に中小企業を中心としてGoogleアナリティクスを利用したサイトの分析、改善提案やリスティング広告を用いた集客改善など、サイト運営の手伝いを行なっている。最新情報を押さえながら地方かつ中小企業向けのノウハウをわかりやすく説明できる数少ない人物。

投稿アイコンを選んでください