人事を尽くして天命を待つ。 FavoriteLoadingあとで読む

:森野 誠之

羽根田選手は寡黙でクールなので今回はシンプルに。

<独占インタビュー1>羽根田が語るカヌー銅メダルの真実 | THE PAGE(ザ・ページ)

――カヌーはタイムと減点競技。いかにミスをしないか? のスポーツですね。羽根田さんは、リオ五輪でノーミスでした。ミスをしないために何を?
「普段からミスをしない練習を心がけることです。僕の考え方のひとつに、『試合前に変わったことはしない、試合前にあがかない』というものがあるんです。試合のパフォーマンスは、ふだんの練習の結晶。ふだんの心がけが、そのまま出ます」

canoe

画像:Pixabay※写真は羽根田選手ではありません。

納得ですよね。その通りとしか言いようがありません。いつもできないことが急にできるようになることなんてないですから。

結果が出ないのは普段の練習の方向性が違っているか量が違うか。これは先週書いた通りです。

やるべきことをやってあとは結果を待つ。着手は早めに。

だから時間がかかりそうなものは何年も前から準備しないといけません。

今の結果は過去の自分がサボった結果だと思って素直に受け入れて、その先のために時間を使っていきましょう。

くれぐれも無駄なあがきをしないこと。

人事を尽くしていない人はそれなりの天命なので。

※関連記事
<独占インタビュー2>羽根田が明かす賞金大会ゼロのカヌー界の現実 | THE PAGE(ザ・ページ)

<独占インタビュー3>羽根田のカヌー人生の転機はスロバキアにあった | THE PAGE(ザ・ページ)

<独占インタビュ-4>カヌー銅の羽根田 「現役時代は結婚できない」 | THE PAGE(ザ・ページ)

<独占インタビュー最終回>カヌー銅の羽根田が抱く東京五輪金メダル構想 | THE PAGE(ザ・ページ)

あとがき

男は黙って粛々と。

更新:2016年9月13日

ニュースのキュレーター:森野 誠之
中小企業のWEB運営担当: 森野誠之(モリノセイジ)
http://www.uneidou.com/
運営堂 代表/愛知大学非常勤講師
お膝元である愛知県を中心に地方のWEB運用を熟知し、主に中小企業を中心としてGoogleアナリティクスを利用したサイトの分析、改善提案やリスティング広告を用いた集客改善など、サイト運営の手伝いを行なっている。最新情報を押さえながら地方かつ中小企業向けのノウハウをわかりやすく説明できる数少ない人物。

投稿アイコンを選んでください