ことわざで説明するストレス発散法 FavoriteLoadingあとで読む

:森野 誠之

de-stress

画像:Pixabay

私が実践しているイライラ発散法

みなさんはイライラした時にはどのように発散していますか?

私は体を動かす、手ぶらで出かける、寝る、のどれかで発散しています。

体を動かすのは主に自転車で、30分~1時間ぐらい走り回ってきます。体がきつくなってくると考える力が失われてきますので、イライラしていたことも忘れます。

手ぶらで出かけるのも意外と良くて、スマホ時代に独りっきりになるのはこれが一番。一瞬で孤独になれます。

寝るのは一番シンプルですね。明日は明日の風が吹く、tomorrow is another dayです。

海外ではこんな方法も

ストレス発散に野球バットでひたすらモノを破壊できるトロントの「Rage Room」 | TechDoll.jp

とっても分かりやすい(笑)。

箸にあたり棒にあたる、そしてバットにもあたる。

基本的には自分で発散しよう

イライラの発散で一番良くないのは他人にあたること。

自分がスッキリしても当たられた人はイライラが溜まっちゃいますよね。

そうするとそのイライラがまた他の人に・・・となって、自分に返ってくることもあるでしょう。

金は天下の回り物ですがイライラを回すのはやめましょう。

偉そうなことを書いた自分に一言。

多聞なればしばしば窮す。中を守るに若かず。

どんな意味かは皆さんが調べてみてください。

あとがき

故事成語辞典を読んでいるとグサグサ来ますよ。

高校時代に何度も読んだものです。

更新:2015年11月3日

ニュースのキュレーター:森野 誠之
中小企業のWEB運営担当: 森野誠之(モリノセイジ)
http://www.uneidou.com/
運営堂 代表/愛知大学非常勤講師
お膝元である愛知県を中心に地方のWEB運用を熟知し、主に中小企業を中心としてGoogleアナリティクスを利用したサイトの分析、改善提案やリスティング広告を用いた集客改善など、サイト運営の手伝いを行なっている。最新情報を押さえながら地方かつ中小企業向けのノウハウをわかりやすく説明できる数少ない人物。

投稿アイコンを選んでください