ジャーニーマップが、今後の技術投資の指針であり、答えです FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
Adobeによる「DXP」第一人者へのインタビュー記事です。DXPはなにか、という用語に興味を持って読み進めると、デジタルマーケティング全盛の時代に起きている課題と、その先に向かうべき指針が細かく言及されています。

ネットワーク

画像:Pixabay

DXP(デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム)=「あらゆる顧客接点で一貫したエクスペリエンスを管理、提供、最適化するためのソフトウェア」を整備しているCMO二人のインタビューが読めるAdobe社の記事です。

前半は、デジタルマーケティングの課題と未来について触れていますが、特に「テクノロジーによる解決」に話を絞っています。
その後、後半部分から、非常に明解でわかりやすいマーケティングの主張をされています。

テクノロジー系の人間がこんなことを言うのは稀なのですが、「技術から取りかかる」のではいけません。まずは戦略です。戦略からビジネスインパクトを導き出し、そこからロードマップを作るのです。

では、戦略はどこから始めればよいか?
ジャーニーマップが答えです。ジャーニーマップが、今後の技術投資の指針となります。

全ては顧客との接点を中心に考えられています。要約すると、

  1. 戦略がある
  2. 「カスタマージャーニーマップ」を通してビジネスインパクトの強い部分を導き出す
  3. そこからロードマップ=戦術を作る

テクノロジー側のCIOやマーケター、この2者とも専門職として大成されているものでは決してありません。ただ、肩書がそこにあたる人は、非常に多いですよね。

インタビューの中では、さらに新しい役職「チーフ マーケティング テクノロジー オフィサー(CMTO)」を設けてはどうか、と言及しています。
よもや、この業界の定職となる役務はないなぁと感じながら、それでも全ては「戦略」と「戦術」の話に落ち着くところが、IT屋さんに必要なスキルが浮き彫りになっているようで、面白かったです。

顧客は誰の管轄か。フォレスターのアナリストに聞く、新技術領域「デジタルエクスペリエンス プラットフォーム(DXP)」とは?

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください