【プレミアム】Amazon主催の「AWS re:Invent2017@ラスベガス」参加レポート FavoriteLoadingあとで読む

: 丸山 耕二
ウェブ担当の方へ。Amazonの最新動向を知って未来に備えましょう。

ウェブ担当者通信の代表である丸山が「これは!」と思った優良セミナーを受けてきて、感想をお伝えするものです。内容については丸山の解釈が入りますので、間違っている部分があるかも知れません。もし内容を気に入り、より詳しいお話がお聞きになりたい場合などは、ぜひ著者・主催者のセミナーに参加されることをオススメいたします。

画像:Pixabay

タイトル
AWS re:Invent2017
開催日時
2017年11月26日(月)-12月1日(金)
主催
米国Amazon@ラスベガス
講師
AWS CEO Andy Jeccy、他
受講価格
210,000円

re:Ivent2017とは?

Amazonのイベント「AWS re:Ivent2017」に参加してきました。
AWS re:Ivent2017とは、毎年一回行われるAmazonAWS主催の世界的なイベントです。

今年も会場はアメリカのラスベガス。
開催期間は2017年11月27日から12月1日までの一週間で、全世界から4.3万人もの人が集まりました。

AmazonのECサイト関連でそんなに人が集まるのか?と思った方もいるかも知れませんが、これはAWSとよばれるAmazonの開発者向けサービス(サーバーやEchoなど)に関するイベントです。

開発者が集まるイベントだからこそ、最新のテクノロジーや事例などが発表される場でもあります。

クラウド時代の勝ち組と呼ばれるAmazonは、今何を考えているのか?
また、そこから見える未来の技術は何があるのか?

今回はそんなイベントで感じたことをレポートとしてご報告したいと思います。

余談ですが、イベント参加費200,000円近くし、旅費も含めると確実に400,000円を超えるため、なかなか参加をためらうようなイベントとなっています(笑)。

開催地情報

会場は、ラスベガスのホテル群。ベネチアンやMGMなど内部にカジノがあるとても大きなホテルでした。アメリカはスケールが大きいですね。

開催期間のラスベガスはAWSのre:Invent一色です。

ウェブ担当者に関係しそうな発表

本当にさまざまな機能が発表されました。
こちらでタイトル右に画像アイコンが表示されているいくつかのセッションは録画で見られます。(英語です)。
www.portal.reinvent.awsevents.com/connect/search.ww

 

※生演奏での新製品発表など、アメリカらしい雰囲気です。

ウェブ担当者はサービスを作り出す人ですから、知っておいた方がいいのは、以下の3つだと思います。

1.動画解析などの新サービス

Amazonが保有するビッグデータを活用した各種サービスがリリースされています。

▼Amazon Rekognition 画像と動画の分析API
aws.amazon.com/jp/rekognition/

▼Amazon Polly 音声読み上げAPI
aws.amazon.com/jp/polly/pricing/

2.デバイスと機械学習

AWS DeepLensというカメラが30,000円弱で発売予定です。
これは機械学習によるプログラミングが可能なカメラで、顔認識などができます。
aws.amazon.com/jp/deeplens/

こういったIoTデバイスの制御を実現するために、Amazonは無料のIoT用OSであるFreeRTOSをカスタマイズしたAmazon FreeRTOSをリリースしました。
aws.amazon.com/jp/freertos/

また機械学習をより身近にテストできるサービスであるAWS SageMakerもリリース。
aws.amazon.com/jp/sagemaker/

Alexa for Businessという、オフィス利用を想定したサービスもリリースしています。
例えば音声を活用してGoogleカレンダーなどと連携した予定追加や会議室予約などが行えます。
aws.amazon.com/jp/alexaforbusiness/

デバイスや機械学習をサービスに活用できる時代に入ったといえます。

3.日本語未対応だけど魅力的な機能

  • テキストを感情やフレーズごとに分類するAPI(Amazon Comprehend)
  • 翻訳API(Amazon Translate)
  • 文字起しAPI(Amazon Transcribe)

AWS re:Inventから見えた考えておきたいこと

クラウド・ファースト

基調講演ではシーメンスやエクスペディアなど世界的な企業が出てきましたが、もちろんその各社がオンプレミス(自社サーバー)からAWSに移行してきた企業です。

彼らは「クラウド・ファースト」という言葉を使っていました。

これからの時代は、自社サーバーの使用を考える前に、クラウドサーバーを使わなければ“ならない”ということです。

なぜなら、IoTなどの未来を考えると、クラウドのように世界中にコンピューターがあった方が通信もうまくいくし、さらには機械学習のようなコンピューターパワーが必要なサービスも手軽に利用できるからです。

自社サーバーを使う前に、まずクラウドが使えないか?と一番に考える姿勢が求められてきています。

アメリカはだいたい日本の2年から3年くらい進んでいますので、日本でも2年後くらいにはクラウドファーストという言葉が出てくるかもしれません。

総じてですが、もはや自前だけで何かをやっていくのは非効率な時代に入ったと言わざるを得ません。

何かとうまく他力を活用し、よりよいサービスをスピーディーに提供することが求められている時代に入ったと思います。

新しいサービスへのチャレンジをしよう

より高品質なサービスを作るために、デバイス、自然言語、音声、動画、機械学習を活用したサービスを考えてみたいです。

また自社のデータでAWSのSageMakerを使って機械学習を試みるというのも面白いかもしれません。

機械学習が得意なことは、シミュレーションと分類です。特に今は画像分類が多いですね。

いよいよリアルとネットが融合する時代といえるかもしれません。

イベント後はお祭り騒ぎ

イベント後にはrePlayという無料で飲食ができるイベントが開催されます。

無料飲食ができる他、DJが音楽をガンガン流したり、ビリヤードやコンピューターゲームなどができたり、本当にエンターテイメントの国だな、と思いました。

余談ですけど、今回は主に世界中のエンジニアの人が集まったわけですが、どういうわけか服装に統一感があります。いわゆるネルシャツとジーンズ。

世界共通で好みが似るのかもしれません。

プレミアムメンバー向け丸山の感想

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。

プレミアムメンバーとは

 

丸山 耕二
この記事を書いた人: 丸山 耕二

ウェブ担当者通信の発起人。
株式会社ウェブジョブズ代表。
コンサルティングの他、ウェブ担当者教育などにも力を入れ、株式会社インプレスビジネスメディア社の運営するウェブ担当者フォーラムにて「誰もが受けたい!アクセス解析5 分クリニック」を連載。
著書に無料でできる! 世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析入門(秀和システム)


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください