Webデザイナーを立ち位置として、身につけておくべきWebマーケティングの知識を知りたい FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局

少し視点を変えてみます。
まずウェブデザイナーに対して、発注側が望んでいる要望に目を向けることが大切です。

ベーシックなスキルとしては
「顧客要望をくみ取り、それをデザインで伝える力」が求められていると思います。

これを実現するためには、ヒアリング能力を鍛え、
色彩学や黄金比などデザインのベーシックな理論を学んでおく必要があると思います。

またマーケティング視点でいえば、アーティスティックなデザインよりも、
シンプルでわかりやすいデザインが好まれる傾向にあります。

このあたりの課題については、
2月号のデザイン分野で出題されていますので、ぜひ実施してみてください。

他のSEOやコピーライティングなどのマーケティング的な知識は、
むしろ求められていないことが多いといえます。

なぜなら、それは発注側の仕事だからです。

それよりもテクニカルな要望の方が今後需要があるでしょう。
例えば以下は需要のあるスキルだと思われます。

・論理的に自分のデザインを説明する力
・A/Bテストの知識と技法
・正しいHTMLマークアップと最新CSSへの対応
・リッチインターフェースを実現するJavasciptの知識
・CMSなど、プログラミング言語を含んだウェブページデザイン

マーケティングに長けた発注側であればあるほど、
正しいデザインというのはテストの結果だという意識が高く、
また新しいシステム導入への意欲も旺盛です。

ですので、ベーシックなスキルを抑えたうえで、
上記テクニカルな要望にこたえられるデザイナーさんは、今後も需要が高いと思われます。
(対応できる人がとても少ないからです)

[回答日:2012年2月9日]

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください