記事一覧ECサイト

値上げしたのに思ったより順調。クロネコヤマトの誤算

ECサイトや商品の値付けに関わる人へ。事情があり、かつ明確なライバルがいなければ多くの人は値上げに応じるものなのかも知れません。 クロネコヤマトが値上げにより取り扱い量を減らして労働環境の改善を狙う予定が、思ったより減らなかった事例が紹介されています。

消費者を「迷わせない」的確な商品はデータが生み出す

小売業やECサイト運用をしている方へ。「選び疲れ」になっている消費者のために、小売業やメーカーでは、データを活用して「売れるものだけを作る」発想に変わってきています。

Cチャンネル、メルカリが相次いで動画コマースに参入

動画コマースが気になっている人へ。Cチャンネル、メルカリが相次いで動画コマースに参入しました。中国では早くから成功しておりアメリカでも動画コマースへの取り組みが活発になっています。

【プレミアム】機会損失してない?リスティング広告運用で売上前年比300%を目指そう【後編】

代理店に任せっきりだったりなんとなく続けてしまっているリスティング広告。効率的なリスティング広告運用をするための判断基準を、後編では広告代理店の選び方、広告をやめるタイミングについてまとめています。

ECの近未来をユニクロ柳井さんインタビューから読む

ECサイトを運営している人へ。ユニクロの柳井さんから学べることがたくさんあるかもしれません。記事ではユニクロの柳井さんが物流を重視していること、また情報製造小売業になる事に触れられています。

【プレミアム】機会損失してない?リスティング広告運用で売上前年比300%を目指そう【前編】

代理店に任せっきりだったりなんとなく続けてしまっているリスティング広告。効率的なリスティング広告運用をするための判断基準を、前編では予算とランディングページについてまとめています。

Amazonが年内に米国No1のアパレル小売になる?

ECサイトの未来に興味のある人へ。アマゾンの戦略予測が語られています。有料会員向けの情報ですが、コメント欄にはZOZOTOWNの前澤さんのコメントなども掲載されていて面白いのでそこだけでも読んでみてもよいかも知れません。

中国で急速に進むスマホ決済

他国情勢に興味のある方へ。中国では乞食もQRコードで寄付を募っているという衝撃の写真が紹介されています。

ニトリが店舗を“都心型”へ。想像以上の売上UPはなぜ?

新規顧客開拓を考える人へ。ニトリが都心に店舗を構え、赤字でもよいとの覚悟で商品を設置した結果、売上高が目標の5割以上増えたそうです。

単品・リピート通販型ECサイトは『主力製品』に戦力を集中させよ!

中小企業のECサイト運営者、必見!自社の強みとなる「主力製品」を選ぶことから、その先のカートシステム・戦術の組み立て方までをまとめた記事をご紹介します。

ZOZO TOWNが好調な5つの理由

ECサイトの突破口を考えている人へ。この記事を読むと、物流を解いてメーカーとWinWinの関係を築くことで大きな競争力を保てることがわかります。ECサイトの鍵は物流にありそうです。

【調査結果】10代女子はスマホでAmazonと楽天

10代女子向けのマーケティングを行っている人へ。GMOメディアが運営する「プリキャンティーンズラボ」の調査結果です。有効回答数は626名、回答者の割合は中学生が約6割、高校生が約3割、スマホの所有率は93.0%。

実装5分でCTR20%、CVR6%!今話題のウェブプッシュ通知

メルマガ以外の顧客リーチを考えている人へ。Webプッシュ通知は以外と使っている企業も少なく反応率アップが期待できます。森野さんによるウェブ通知サービスを展開するアッションさんへのインタビュー記事です。

Amazonがスタートアップ支援ストア「Launchpad」を日本でオープン

投資を受けながらスタートアップで商品を作っている方へ。Amazonが専門ECサイト「Amazon Launchpad」を日本でオープンさせました。品数もまだ少なく目立つので世界販促を意識した上でも面白いかも知れません。

2016年EC業界まとめと2017年EC業界展望

2016年もEC市場は伸び続けていましたが、同時に競争も激化しています。他のECサイトとの差別化も難しくなってきました。2017年EC業界はどう変わっていくのか?記事数が多いのですがECサイト運営されている方は関係している記事に目を通しておきましょう。