最後まで読まれる文章。ライティングの3つのポイント! FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
気づいたら最後まで読んでしまう文章ってありますよね。長い文章でも短い文章でも「読ませる工夫」がされているからです。読みやすい記事は、どんな工夫がされているか探してみるのも面白いです。読んでほしい文章をそのまま記事にするのではなく、コンテンツの伝え方にフォーカスを置き、いつもの文章に一工夫加えてみましょう。

170201記事用

画像:PIXABAY

音楽好きなら、特に楽器好きなら、一度は名前を耳にしたことがある「ESP」「Vestax」。
僕も、ESPのドイツ製ギターを1本持っていますが、まさか日本発祥のブランドであるとは知りませんでした。

この記事の素晴らしいところは、「ライティング」です。
①先に、読者(自分コトに置き換えられる「使い手」または「元使い手」)を意識した、身近な話題から興味を引いていく
②実は、使い手の「課題」を解決していくためにうまれた「商品」であることを知らせる
③そうした商品を生み出した本人の、「人」としての魅力を、読者に信用をうむ啓発メッセージを含めて伝える

インタビューが、とても魅力あるものに感じるのは、
「インタビューを読んでほしい」という流れで、コンテンツを作っていないからです。

無論、インタビューと先に書いておけば、そうした発信方法で問題ありませんが、
今回はコンテンツをどう伝えるか、にフォーカスを置いている。
そういった意味で、面白いアプローチだなと感じます。

ベスタクスの夢──椎野秀聰と世界を変えるものづくり – WIRED.jp

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


投稿アイコンを選んでください