NEXT

【本の紹介あり】米国ビジネススクールでも学ばれる、OODAループとは何か?

最近では、PDCAサイクルに代わってOODAループという理論が注目されていることをご存知でしょうか?この記事では、わかりづらいOODAループについてAppleなどの事例も交えて詳しくご説明します。

ストック

ITPとIDFAの利用制限によるGoogle Analyticsやアクセス解析への影響(iOS 14)

ITPやIDFA制限は主にiPhone(他Apple製品)に関する制限なのですが、いまいち目的などがわかりづらかったので、特にアクセス解析の観点でまとめてみました。

使えるウェブツール

【2020年度版】サイトのアクセス、収益UPに無料ヒートマップを活用しよう!

今回は、Webサイトの改善に効果的なヒートマップに対する考え方、および各ツールの比較、またウェブ通が作成したQA Heatmapのご紹介をします。

過去の記事(ランダム)

ストック

Web担当者にも役立つ広報の知識(1)

広報のスキルはWeb担当者の業務にも役立つ?兼任広報が学んだ広報知識の基本的なノウハウをお届けします。第1回では以外に地味(?)な広報のお仕事について。

ストック

2015年調査と比較して情報疲労傾向は継続、購入時は利便性を重視

消費者動向が知りたい方へ。株式会社野村総合研究所(NRI)が「生活者1万人アンケート調査」の結果を公開しています。

NEXT

【プレミアム】データスタジオによるデータ活用(後編)

データの有効活用できていますか?膨大なデータを“ビジュアル化”するツール、Googleデータスタジオ(現Google データポータル)について解説します。有料ツールと無料ツールの両側面からデータビジュアライゼーションツールをご紹介!有料ツールにも引けをとらないGoogleデータスタジオの強みとは?

ストック

今最も注目されている広告サービスAmazon Marketing Service(AMS)

AMSを使ったことがない広告運用担当者の方へ。元記事では、今最も注目されている広告サービスAmazon Marketing Service(AMS)の概要と始め方についてまとめてくれています。

チャンス

女子大生がGoogleではなくインスタで探してメルカリで購入する理由とは?

マーケティング担当者へ。若者がメルカリで購入するにはサポートなどの正当な理由があるようです。Googleは時代遅れになるかも知れません。

ストック

マーケティングオートメーション(MA)を有効活用する為に

顧客が多様化している時代に合わせ、そのアプローチ方法も変化し続けます。コミュニケーションツールを効率化するうえで、MAの活用が叫ばれますが、実際のところ、ユーザー離れを起こすきっかけにもなりかねないのです。顧客から求められる関係構築を目指す皆さん必見の記事です。

NEXT

Googleに続きFacebookも視線トラッキングの企業を買収

Facebookが視線トラッキングの企業を買収。明言はしていませんがFacebookが広告ビジネスに活用することも予想されています。「目は口ほどにモノを言う」。視線トラッキング技術へのFacebookとGoogleの最新動向が分かります。

ウェブ担当者向け新刊

神速Photoshop[グラフィックデザイン編]

10分で終わる作業に1時間もかけていませんか?仕事が速いデザイナーだけが知っている、106本の時短テクニック。濃く厚くなった元祖・時短本!