記事一覧ライティング・文章

改めて知りたい!クラウドソーシングの効率的な使い方vol.4(断り方編)~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

クラウドソーシングを利用したビジネスもいまや定番となりつつあります。これまではミスマッチにならないためのコツをお伝えしてきしましたが、もしミスマッチが起きてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。最終回は、ミスマッチが起きてしまったときの断り方について。

改めて知りたい!クラウドソーシングの効率的な使い方vol.3(受注編)~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

クラウドソーシングを利用したビジネスもいまや定番となりつつあります。第3回は、受注側の視点から、ミスマッチを防ぐコツをお伝えします。

改めて知りたい!クラウドソーシングの効率的な使い方vol.2(発注編)~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

クラウドソーシングを利用したビジネスもいまや定番となりつつあります。第2回は、お目当ての人材とマッチングするための発注時のコツについてお届け!クラウドソーシングのかしこい使い方を学んで、あなたのビジネスを加速させましょう。

改めて知りたい!クラウドソーシングの効率的な使い方vol.1~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

クラウドソーシングを利用したビジネスもいまや定番となりつつあります。しかし受注側・発注側ともに、クラウドソーシングを利用することに抵抗を感じている人も、まだまだ少なくありません。クラウドソーシングのかしこい使い方を学んで、あなたのビジネスを加速させましょう。

SEOライターが考える、本当に欲しい理想のツール(後編)

世の中にSEO対策ツールは数あれど、実はまだまだ機能不足?プロのSEOライターが本気で考えた理想のツールとは?後編ではSEOライターが抱える不安とジレンマについても語ります。

SEOライターが考える、本当に欲しい理想のツール(前編)

世の中にSEO対策ツールは数あれど、実はまだまだ機能不足?プロのSEOライターが本気で考えた理想のツールとは?

技術の内容をわかりやすく説明するのがメディアの役割、そのために必要なこと

みなさんへ。元記事では技術の内容をわかりやすく説明し、価値ある記事を提供することがメディアの役割であり、そのために記者は技術を理解しようとすることが大切と書かれています。

日本一簡単かもしれない?ライターとの出会い方~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

コンテンツ記事の制作、ライターのと出会いに悩むウェブ担当者へ朗報です。この記事を読めばライターとの出会い方が丸わかり。

そのリサーチが記事の質を左右する!知っておきたい、情報収集の3つのコツ~ウェブ通の実践ウェブ文章術 season2~

ウェブ通の実践文章術が帰ってきた!記事の質を左右するリサーチ力。世の中に溢れるありとあらゆる情報から、必要な情報だけをどうリサーチすればいいかわからない人へ、現役の編集・ライターが情報収集のコツを伝授します。

【プレミアム】ウェブ通の実践ウェブ文章術~まとめ~

オウンドメディアが企業の顔として認知されている今、ウェブ担当者にはプログラミンやデザインの知識以外にも、ライティングの知識が必用です。まとめ読みしたいとの声が多かった「ウェブ通の実践ウェブ文章術」。ご要望にお応えして2017年8月から9月の2か月にわたってお送りした記事をまとめました。

【プレミアム】ウェブ通の実践ウェブ文章術~メディア編集者の仕事~

オウンドメディアが企業の顔として認知されている今、ウェブ担当者にはプログラミンやデザインの知識以外にも、ライティングの知識が必用です。

【プレミアム】ウェブ通の実践ウェブ文章術~日常生活でも学べる言葉の言い換え~

オウンドメディアが企業の顔として認知されている今、ウェブ担当者にはプログラミンやデザインの知識以外にも、ライティングの知識が必用です。

【プレミアム】ウェブ通の実践ウェブ文章術~コトバの迷路に迷い込んだときは分解・再構築しよう~

オウンドメディアが企業の顔として認知されている今、ウェブ担当者にはプログラミンやデザインの知識以外にも、ライティングの知識が必用です。

偏りすぎた意見は共感と説得力が弱くなる

文章を書くのが苦手な方へ。元記事では学生時代の読書感想文について先生から受けたアドバイスについて書かれていますが、共感を得る文章を書くことに悩んでいる人への参考になる内容です。

キーワード自動抽出サービス 「言選Web」が意外と便利

ライティングした文章が意図した内容になっているのかを確認したい方へ。東京大学情報基盤センター図書館電子化部門が提供している「言選Web」が便利で全体を把握するのに使えます。

2017年日本でもAndroidシェア率向上?iOSとのサポート体制の差が埋まる

iOSユーザーの割合がこれほどまで多い国は日本のみ。その実態についてまとめました。

AIの進化が止まらない。「AI記者」登場で「人間記者」の反応は?

「AI記者」を導入した日本経済新聞社。「全自動」とは考えられない記事の完成度にとても驚きます。仕事がなくなるかもしれない記者の反応は、意外なものでした。