記事一覧Webマーケティング

インタラクティブ動画制作サービス「Spotful」が日本上陸

動画は見るだけじゃない。触ってユーザーに行動を起こさせるインタラクティブ動画を特別なスキル不要で制作できるようになってきました。海外で人気のカナダ発動画制作サービス「Spotful」が日本での販売を開始しました。

81歳マーチャンの新しい挑戦、iPhoneアプリ「hinadan」

「もう歳だから無理かな」と思っている方へ。マーチャンこと若宮正子さんは81歳。エクセルアートで有名なコンピューターおばあちゃんが今度はiPhoneアプリ「hinadan」を開発。

逃げ恥から学ぶ。ユーザー自ら楽しんだものが拡散される。これが基本。

認知度アップで悩んでいる人へ。大ヒットドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」のプロデューサーが考える拡散の ヒントが記事になっています。基本は「あなたが拡散したい内容をユーザーは楽しめるか」のようです。

実装5分でCTR20%、CVR6%!今話題のウェブプッシュ通知

メルマガ以外の顧客リーチを考えている人へ。Webプッシュ通知は以外と使っている企業も少なく反応率アップが期待できます。森野さんによるウェブ通知サービスを展開するアッションさんへのインタビュー記事です。

Google検索は非効率?

若者はググらない、とよく言われます。TwitterやInstagramで検索したり、商品を探すときもAmazonサイト内で探したり。でもこれ、若者だけじゃなくみなさんそうなってきていませんか?

テクノロジーを「ひと」のために -アクセンチュア調査レポートより-

毎年アクセンチュアがまとめている調査レポート「テクノロジービジョン」。2016年は「主役は”ひと”」。2017年は「”ひと”のためのテクノロジーの出現を予測」。テクノロジーがどう世界を変えていくのか?わたしたちにどう影響してくるのか?これからを語るネタのひとつとして読んでおきましょう。

デヴィッド・ボウイが予見していた「インターネットが世界に影響を与える」

2016年にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。1999年のBBCのインタビューで「インターネットが将来社会に与える影響力は計り知れない。メディアはこういうものだという概念は打ち壊されるだろう。」と話しています。まさに今の世の中ですね。息抜きにサクッと読める記事です。

Googleに続きFacebookも視線トラッキングの企業を買収

Facebookが視線トラッキングの企業を買収。明言はしていませんがFacebookが広告ビジネスに活用することも予想されています。「目は口ほどにモノを言う」。視線トラッキング技術へのFacebookとGoogleの最新動向が分かります。