記事一覧コンテンツマーケティング

スター・ウォーズに学ぶ消費者の共感を呼ぶためのストーリーづくり

共感を得るとはどういうこと?と思っている方へ。元記事では、スターウォーズ好きな人には思い出されるシーンから消費者の共感について書かれています。

media_lossgo

記事を出せばだすほど記事単体では99.9%の確率で赤字

メディア運営のこれからを考えている方へ。元記事はアプリマーケティング研究所さんへのインタビュー記事です。タイトルの付け方やビジネスモデルなどかなり詳しくインタビューされているのでおもしろく勉強になります。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第6話

連載6回目は『藤村編集長のスケジュール管理・ツール活用術と採用への影響』についてです。編集の精度とスピードを上げるために、藤村さんが実施されていることやツールについても教えていただきました。メディアの評価基準の一つが「採用への影響度」でもあったようです。ブランドを一貫して通す『サイボウズ式』から多くのことを学べます。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第5話

連載5回目は『サイボウズというブランドのつくり方 – 予算とSNS活用』についてです。メディア戦略に限られた予算をどう使うべきか、悩まれている読者の方も多いのではないでしょうか。また、ブランドを拡く認知させるための記事構成やSNS活用についても、サイボウズ式ではルール化されて取り組まれていました。ぜひご覧ください。

coffee

コンテンツはコミュニケーションのひとつ

がんばって記事を書いても翌日にはその記事が読まれなくなって流れてしまうことにむなしさを感じている方へ。クラシコム代表・青木さんは「コンテンツをつくってそれが流れていくことは無駄なことではない」とおっしゃっています。

【プレミアム】『サイボウズ式』編集長 藤村さんの社内を巻き込むコミュニケーション仕事術 第4話

連載4回目は『編集でブランドを導くための「コツ」と「アイデア」』についてです。メディアは一人の力では作れません。チームが成り立ってこそですが、一人ひとりの個性をまとめて社のブランドとして発信することは一筋縄ではいかないはずです。サイボウズ式にはそのバランスを保つための編集術とマインドがありました。

時間をかけずにユーザーが求めるコンテンツを発見する調査方法

ユーザーに求められているコンテンツを発見するためにはユーザー調査が必要です。でも調査に時間がかけられない、と思っている方にぜひ読んでほしい記事です。

【プレミアム】テレビ離れした若者をスマホで取り込め!AbemaTVはメディアを変えるか?

テレビ朝日のセンター長を務める西村氏と、サイバーエージェントの執行役員である卜部氏が今後のメディアについて語り合うということで、ウェブ担当者・ウェブディレクターのみなさんの自社メディア運営にも参考になると思い参加してきました。

ディスプレイ広告

ビジネスモデルが広告ベースのウェブメディアは破綻する?

月間ユニークユーザー6000万人を誇るメディアMediumが「ビジネスモデルが広告ベースのウェブメディアは破綻する」としてリストラ発表。ウェブメディアを運営している方は読んでおきたい記事です。