HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

「社内外でWebチームづくり」の記事一覧

チーム

ほめて伸ばす派?それとも叱って伸ばす派?

画像:Pixabay アンガーマネジメント、という言葉をご存じでしょうか? イライラなど怒りの感情(アンガー)と上手に付き合い(マネジメント)、ポジティブに使っていこうとする取り組み だそうです。名将・川上哲治さんの言葉 […]

ビジネスの軍師になるために中国の歴史から学ぼう【対談:第三回】

今回は森野コラムの影響を受けて中国の歴史に興味を持ち始めた歴史初心者のウェブ通事務局こだまが、「軍師」にフォカースをあてた歴史について森野誠之さん(運営堂)から教えてもらいました。 森野さんの記憶ベースで話してもらってい […]

ビジネスの軍師になるために中国の歴史から学ぼう【対談:第二回】

今回は森野コラムの影響を受けて中国の歴史に興味を持ち始めた歴史初心者のウェブ通事務局こだまが、「軍師」にフォカースをあてた歴史について森野誠之さん(運営堂)から教えてもらいました。 森野さんの記憶ベースで話してもらってい […]

ビジネスの軍師になるために中国の歴史から学ぼう【対談:第一回】

今回は森野コラムの影響を受けて中国の歴史に興味を持ち始めた歴史初心者のウェブ通事務局こだまが、「軍師」にフォカースをあてた歴史について森野誠之さん(運営堂)から教えてもらいました。 森野さんの記憶ベースで話してもらってい […]

遠い存在にならない!人との関係性が深くなるSNS

あの人は今? SNSでの存在感がリアルの存在感になる やっていても言わなければできていないと同じ。

「選手が主役、選手が戦術」-ジョゼップ・グアルディオラ

「人がいない」。よく聞く言葉です。 いなければ入れるか育てるかの二択。 すぐに入れるのはちょっと難しいので育てる方が現実路線なわけですが、育てる側は理想もありますし目指すところがありますのでそのギャップに悩みます。こうい […]

「電話(善は)急げ」と言っていた時代もありましたな~

新入社員が電話を取れない意外な理由|就職できない若者の「トンデモ言動」|ダイヤモンド・オンライン ちょっと長いですが引用から。  3年程前、ある場所で就職支援をしていた時の話です。急な確認要件があり、20代前半の支援対象 […]

豚の角煮とシメオネとグアルディオラ

何か作業を依頼した時に手とり足とり指示をする人っていますよね。 相手のレベルにもよりますが新人ではない限りこれでは上手くいきません。 こんなことわざがあります。 A watched pot never boils. (見 […]

レスターの監督が語る、選手にいい仕事をさせるコツ

岡崎慎司選手の所属するレスターがクラブ創立132年目にして初優勝したのは皆さんご存知かと思います(たぶん)。 なんせ、朝や昼のワイドショーでも取り上げられてNHKのニュースでもトップの扱いでしたからね。これは岡崎がいたと […]

キャッチャーにとって一番大切なことは?

捕手のリードは「配球」だけじゃない。叱り時、捕球音、2秒間止まるミット。 – 高校野球 – Number Web – ナンバー 高校野球でも配球だったりリードだったりデータ分析が話題に […]

長篠の戦い、三段撃ち、織田軍、と聞いて思い浮かぶものはなに?

「長篠の合戦」に学ぶ、デジタルという「鉄砲隊」の扱い方:マーケターは手段に踊らされてはいけない | DIGIDAY[日本版] 1575年に、長篠の戦いという合戦がありました。勇猛果敢で知られた武田の騎馬隊を織田信長が鉄砲 […]

自己責任って言ってしまえばそれまでなんですが、困るのが誰かと言われれば自分なわけで。

Webマーケターに立て続けに煮え湯を飲まされた件 – GoTheDistance 画像:Pixabay よくある話ですね。ホントに。 私も初めて会うお客さんには基本的に疑いの目で見られます。過去に騙されたので […]

エラーするからカバーしてくれ。そんなもんはチームワークでもなんでもないです。

画像:pixabay ミスをみんなでカバーする。とっても良いことです。 でも、大前提はミスをしないことってのが忘れ去られていることが多いのではないのでしょうか? 野球で例えればピッチャーが打たれるから点を取ってくれと言う […]

まずプロであること。そして認め合うこと

「この依頼は、プロがプロに対しての依頼である」 ゴルゴ13、第99話「60日間の空白への再会」より。依頼人のボルスがゴルゴ13に送った依頼の手紙(暗号文)の最後に書かれていた言葉です。 プロなら言わなくても分かるだろう、 […]

「和を以て貴しとなす」の意味をしっかり考えたい

今週は私がほとんど書くことはありません。こちらをお読みください。 プロ意識は「リスク」を引き受けないと生まれない|粕尾将一 本来は「良い評価を受ける」=「次の仕事に繋がる」と「悪い評価を受ける」=「次の仕事が無い」が市場 […]