Web通の実践ウェブ文章術~いつもと同じ文章からの脱却法~ FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
オウンドメディアが企業の顔として認知されている今、ウェブ担当者にはプログラミンやデザインの知識以外にも、ライティングの知識が必用です。

Web通の実践ウェブ文章術~ライティングの基本と紙媒体との違い~

文章を書いているときに「いつも同じ言い回しになってしまう。他に何かないかな」と悩んだことってありませんか?

いつもと同じ文章に少しだけアレンジを加えると、ちょっと違って見える。そんな簡単テクニックをご紹介します。

冒頭に日時をつけるのをやめる

「今日は残業で~

「昨日の試合は思ったより~

文章を書き慣れている人もいない人も、なぜかやってしまう冒頭での日時の説明。

その冒頭、いっそのこと取ってしまいましょう!それだけでいつもと文章の雰囲気が変わります。

今朝はチーム練習に遅刻しました。
監督に激怒されました。

      ↓

チーム練習に遅刻しました。
監督に激怒されました。

この文章が伝えたいのは「いつ」ではなく「なに」があったか。この例題でいえば「今朝」ではなく、「遅刻」したことが伝わればOKです!

いらない言葉はとってしまって、スッキリした文章にしましょう。

倒置法をつかってみる

文章のリライトなんかで良く使われるテクニックのひとつです。

プロのライターも良く使います。

今朝はチーム練習に遅刻しました。
監督に激怒されました。

      ↓

チーム練習に遅刻した今朝。
監督に激怒されました。

どうです?ちょっと雰囲気が変わりますよね

の」は2回以上つづけない

ついつい使ってしまう「の」。

多用しても別におかしいわけじゃないけれど、なんだか幼稚な文章に見えてしまう要因にも。

まずは下記の文章をご覧ください。

 

「私の家のタンスの中の服」

「今日の朝のご飯のメニュー」

「姉が通うダンススクールの夏の合宿の行き先」

 

うん。もさっとしていて、なんだか鬱陶しいですね(笑)

 

そんな「の」を多用した文章の対策法。それは、以前の記事でもお話した「分解・再構築」することです。そこにプラスして「言い換え」もつかうとより効果的に!

 

例えば、先ほどの文章の1つ目。

私の家のタンスの中の服

 

私の家の」を「自宅」に変えるだけで、「の」が1個消えました。

さらに言い換え「タンスの中の服」に言い換えをつかってみます。

 

すると、

私の家のタンスの中の服

                ↓

自宅のタンスにある服

シンプルで読みやすくななりました。

 

では2つ目の文章もやってみましょう。

「今日の朝の」を「今朝」に変更して「の」が1つ削ります。

今日の朝のご飯のメニュー

    ↓

今朝のご飯のメニュー

ここでさらに「時間の説明」を省きます。

今朝のご飯のメニュー

    ↓

朝ごはんのメニュー

ものすごくスッキリしましたね。

 

いやいや当たり前のことばかりじゃないか!と思いますよね?でもこれ、書いているとなかなか気がつかないものなんです。

 

それでは3つ目もやってみましょう。

姉が通うダンススクールの夏の合宿の行き先

 

これは2つの文章に分けてしまいます。

姉が通うダンススクール。
夏合宿の行き先。

無理に1つの文章にこだわる必要はありません。むしろ長くなればなるほど読みづらくなってしまいます。もう、切ってしまいましょう。

まとめ

  • 時間説明をやめる
  • 倒置法をつかってみる
  • 「の」は2回以上続けない努力をしてみましょう
  • 無理なら2つ以上の文(単語)に分けてみる

どうにも同じ文章になってしまう。そんなお悩みを抱えているそこのアナタ。騙されたと思って一度おためしあれ!

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください