相互リンクって今も効果あるの?という人へ FavoriteLoadingあとで読む

: 丸山 耕二
相互リンクって今も効果あるの?という人へ。基本的な考え方が記載されています。一番よいのは「相互のブログ記事でしっかり紹介を書きあうこと」です。

ads

画像:Pixabay

相互リンクに関してまとまったノウハウ記事がアップロードされています。SEO業界で有名な住太陽さんの記事です。

記事中に、相互リンクの最も良い形は「先方にブログがあれば、その中の特に興味深い記事を探し、その記事を引用して言及する記事を書く」ということだとあります。

記事の中の言葉「Googleの厳しい取り締まりを受けて、多くのウェブマスターはペナルティを恐れ、リンクすることにもされることにも神経質になっています。しかし正しい方法で実施すれば、まだまだ相互リンクは助け合う力として機能します。」という言葉に勇気づけられます。

Googleの意図を感じて、被リンクとは何か?と考えれば、サイドバーにはるバナーや、相互リンク一覧ページを作って適当にリンクすることなどが適切な相互リンクではないことが自ずと導き出されますね。

ペナルティを受けるリスクを回避しながら相互リンクする方法 | SEO 検索エンジン最適化

丸山 耕二
この記事を書いた人: 丸山 耕二

ウェブ担当者通信の発起人。
株式会社ウェブジョブズ代表。
コンサルティングの他、ウェブ担当者教育などにも力を入れ、株式会社インプレスビジネスメディア社の運営するウェブ担当者フォーラムにて「誰もが受けたい!アクセス解析5 分クリニック」を連載。
著書に無料でできる! 世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析入門(秀和システム)


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください