【プレミアム】企業規模にかかわらずサイバー攻撃はやってくる。Webサイトを守れ!【保存版】(2) FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
経営者とシステム/ウェブ部門がセキュリティ対策について会話をしていなかった場合、セキュリティ事故が発生したときにはシステム部門やウェブ担当者にお鉢が回ってくるかもしれません。攻撃事例からリスク対策を考えていきましょう。全3回連載の2回目です。

リスク対策には経営者の巻き込みが大切

経営者が考えていること

セキュリティリスク対策は、自社や関連会社、また競合会社で何か被害が起こってしまったときに考え始める企業が多いのが実情です。
なぜなら、セキュリティリスク対策には「ヒト・カネ・モノ」がかかるうえに、投資をしたところで売上に直結しないと考えられているからです。

日本システム・ユーザー協会「企業IT動向調査報告書 2016」の調査結果によると、6割以上の経営者は「自社におけるセキュリティリスクは認識しているが、対策はIT部門など担当部門に任せている」「自社におけるセキュリティリスクおよび対策状況について、ほとんど会話されることはない」と考えています。

つまり経営者とシステム/ウェブ部門がセキュリティについて会話をしていなかった場合、セキュリティ事故が発生したときにはシステム部門やウェブ担当者にお鉢が回ってくる可能性が高い、ということなんです。

目次

続きはプレミアムメンバー限定(有料)です。


プレミアムメンバーとは

「企業規模にかかわらずサイバー攻撃はやってくる。Webサイトを守れ!(3)」(4月11日公開予定)につづきます。
次回はプレミアムメンバーの方のみがお読みいただけます。

※この記事は、大手企業から中小企業まで数多くの企業においてリスクマネジメントコンサルティングを行っている某企業セキュリティコンサルタントに内容を監修していただき、ウェブ通事務局がまとめています。

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください