HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

MAU比較 – FacebookとLINE、Instagramが今後も好調の兆し。

FacebookをはじめとするTwitter、LINEといったソーシャルメディア各社の最新の決算報告などを基に、各社の現状や動きを分析した記事です。

170223記事用

画像:PIXABAY

月間アクティブユーザー数(MAU)は、全体としてFacebookがトップの18.6億人。

前期比104%の水準を維持して順調に増加しているのに対して、日本国内では、メッセンジャーアプリとしての立ち位置を確保しているLINEが6,600万人とトップを走っています。

そんななかで、日本国内ともに大きく成長したのが、Instagram。
2016年8月にリリースした消える投稿「Instagram Stories」が好調で、全体としては、半年間でMAUが1億人増加、国内でも前年比174%の1,600万人と大幅に増加しています。

「Instagram Stories」内で広告の試験運用も開始されていて、『最も閲覧されたインスタグラム ストーリーズの投稿のうち、3分の1はビジネスによるもの(Facebook newsroonより)』と発表されているように、広告利用としての伸びが期待されています。ウェブ担当者もSNS上の動きについて、今後の同行に注目しておきたいですね。

【2017年2月最新版】直近決算発表に基づくFacebook、Instagram、Twitter、LINEの比較 | in the loopニュース

高田 信宏
この記事を書いた人:高田 信宏

NPO法人クリエイター育成協会 理事/東京マネージャー
ワットエバーロング株式会社 代表取締役
デジタルハリウッドSTUDIO渋谷 Webディレクション講座 講師
Webマーケティング企業に入社しSEOディレクターとして活動後、IT教育企業に転身。Webマスター兼講師として、各種サイトの運営管理を行う傍ら、講義やセミナーを通して、デザインとマーケティングの両極からの視点を伝える教育に励む。
著書:『デザイナーのためのプロの制作術が身につく Webディレクションの教科書』(共著、SBクリエイティブ社)


 

投稿アイコンを選んでください