HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

逃げ恥から学ぶ。ユーザー自ら楽しんだものが拡散される。これが基本。

認知度アップで悩んでいる人へ。大ヒットドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」のプロデューサーが考える拡散の ヒントが記事になっています。基本は「あなたが拡散したい内容をユーザーは楽しめるか」のようです。

拡散

画像:Pixabay

TBSの2016年大ヒットドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」のプロデューサー那須田氏、峠田氏がヒットの鍵について語っています。

記事では横浜市やクックパッドとのコラボレーションなど様々な仕掛けが語られています。また最近のドラマではWeb担当がついてWebでの拡散を重要視しており、Youtube、Instagram、Facebook、Twitter、LINEと各種SNSをフル活用したり、とにかくどこで見られるかわからないので、ドラマを見ている時間以外でいかにユーザーのマインドシェアを獲得するかという観点で施策を考えていることにも触れられています。

記事の最後では「制作側の『流行らせよう』という意図や宣伝臭を敏感に感じ取ります。自分で見つけた楽しみ方こそ、周りの人に教えたくなる。これが話題拡散の基本。」と制作側自体が楽しんで作ることこそ拡散に大切なことだと述べられています。また難しさとして「気づいてもらう努力は惜しまず、でも主張し過ぎない。そのバランスをとるのが難しい」とも述べられています。

企業が認知度アップを考えるとついつい露出先ばかりを考えてしまいますが、それと同時に拡めたいと思っているコンテンツ(ブランド)自体を自分たちが楽しんでいるか?またユーザーはその中に楽しみを見いだせるか?という観点でチェックすることが重要ですね。

『逃げ恥』プロデューサーが語るヒットの鍵「楽しみ方は視聴者に見つけてもらう」 – アドタイ

丸山 耕二
この記事を書いた人:丸山 耕二

ウェブ担当者通信の発起人。
株式会社ウェブジョブズ代表。
コンサルティングの他、ウェブ担当者教育などにも力を入れ、株式会社インプレスビジネスメディア社の運営するウェブ担当者フォーラムにて「誰もが受けたい!アクセス解析5 分クリニック」を連載。
著書に無料でできる! 世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析入門(秀和システム)


 

投稿アイコンを選んでください