脳の仕組みを理解し30分ごとに休憩をとって学習しよう FavoriteLoadingあとで読む

: 事務局
時間に追われている人へ。脳の仕組みを考えると「休憩をとる」ことで効率的に学習を進めることができます。

head

画像:Pixabay

追手門学院大学客員教授の児玉 光雄さんは著書『勉強の技術』の中で、「脳科学や心理学の法則にのっとったスマートな方法で勉強することにより、勉強の効率は2倍にも3倍にもなる」と述べています。その児玉さんが勉強の効率を上げるノウハウを語られています。

  • 30分勉強するたびに5分間の休憩をとる
  • カフェなど騒音がある場所を勉強スポットにする
  • 画像と文字をセットで学習する
  • 一気に学ばずに継続して学ぶ(分散学習)
  • ノートは時系列にまとめる

いずれも脳の仕組みを考えると、より効率的に記憶できたり集中力が続くそう。

少ない時間で効率的に勉強したい人は脳の仕組みも活用しましょう。なお記事中では上記の5つが説明されていますが、なぜか?という理由も加わっていますので興味のある方は読んでみましょう。

ちょいちょい席を外すアイツの成績が抜群なワケ──仕事や勉強の効率を上げる5つのノウハウ(SBCr Online)

事務局
この記事を書いた人: 事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください