HOME運営者執筆陣お問い合わせプレミアムメンバーログイン

デザイナーじゃなくても伝わる図を作るためのコツ

デザイナーに限らず、提案書やプレゼン資料、報告書、レポートなどさまざまな場面で「図」を差し込むことが多いです。他人に分かりやすい伝わる図を作成するのは意外と難しいです。図を作る機会が多い方に参考になる「図の作り方」まとめ記事です。

infographics

画像:Designed by Freepik

図で人に説明をする機会、デザイナーじゃなくても意外と多いですよね。
powerpointなどでプレゼン資料や提案書を作るときにグラフだけじゃなく、伝えたいことを円や四角、矢印などの図形を使ってレイアウトをすることもあるでしょう。
また、プロジェクトの大まかなスケジュールやプロジェクト体制を図式化することもあると思います。

以下の記事では、「分かりやすく美しい図の作り方」を具体的にまとめてくれています。
気をつけるべきポイントが的確なのでとても参考になります。

誰も教えてくれない「分かりやすく美しい図の作り方」超具体的な20のテクニック | TomoyukiArasuna.com

こだま
この記事を書いた人:こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


 

投稿アイコンを選んでください