音声検索でSEOはどのように変わるのか? FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
音声検索が気になっている方へ。元記事では、音声検索が増えてきたとき、今までのSEOでいいのか?どう変わっていくのか?やっておくべきことは何なのか?についてまとめられています。

音声検索でSEOはどのように変わるのか?

画像:pixabay

2017年夏から秋にかけて日本にも続けて上陸したスマートスピーカー。
シカゴに本拠を置くリサーチ会社Ariztonの調査によると、世界でのスマートスピーカー市場規模は、2016年の9.9億ドル(1,116億円)から2022年に48億ドル(5,411億円)へと成長すると予測しています。

元記事は2017年末に書かれた記事ですが、音声検索が増えてきたとき「これまでのSEO対策はどうなるのか?変わるのか?」が気になっているウェブ担当者の方は多いと思いますのでこの記事を取り上げました。

「How Voice Search Changes Everything(音声検索はすべてをどのように変えるのか)」の著者Duane Forresterさんのインタビューです。

音声検索ではコンテキスト(文脈)が重要であり、また音声検索の次のステップで画像検索が必要になってくると書かれています。
これまでのSEO対策にプラスして以下のことが戦略として上げられています。引用します。

1 ロングテールの会話的なフレーズにも対応していること

2 あなたの製品やサービスに関連したよくある質問に対して、詳しい答えを構築すること

3 適切な範囲で、あなたのコンテンツにSchemaなど構造化データを用いること

4 クローラーがあなたのコンテンツを確実に見つけることができるよう自身のサイトを整理すること

5 あなたのサイトをスマホ最適化すること(もはや選択の余地はない)

6 セキュリティーを優先事項すること(信頼のシグナルになる)

【音声検索】今後重要になるコンテキスト(文脈)について。コンテンツとの違いは? | SEO Japan – アイオイクスによる海外最新SEO情報ブログ

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください