40年後の生産人口は、40%減少して約4500万人に FavoriteLoadingあとで読む

: 丸山 耕二
マーケティング担当者へ。日本の将来(約40年後)の市場は40%減少。市場規模を知っておきましょう。

※初回の記事タイトルで30年となっていました。40年が正解です。お詫び申し上げます。

ads

画像:Pixabay

厚生労働省が4月10日に将来推計人口を公表しました。2015年とその40年後の2065年の比較です。

  2015年 2065年
人口 1億2709万人 8808万人
生産人口 7728万人 4529万人
高齢者人口 3387万人 3381万人

生産人口とは15歳から64歳までの働ける年齢を指します。今後企業の定年は伸びていくことも予想されますが、人口が減ることはおさえておきたいですね。

2053年、1億人割れ=65年に高齢者4割弱-出生率は小幅改善・厚労省推計:時事ドットコム

丸山 耕二
この記事を書いた人: 丸山 耕二

ウェブ担当者通信の発起人。
株式会社ウェブジョブズ代表。
コンサルティングの他、ウェブ担当者教育などにも力を入れ、株式会社インプレスビジネスメディア社の運営するウェブ担当者フォーラムにて「誰もが受けたい!アクセス解析5 分クリニック」を連載。
著書に無料でできる! 世界一やさしいGoogle Analytics アクセス解析入門(秀和システム)


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください