GE、マイクロソフトなど巨大企業が次々に物理学者を採用 FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
データ分析をする人材がいないと困っている方へ。GE、マイクロソフトなどシリコンバレーにある巨大企業が次々に物理学者を採用しているそうです。その理由は物理学者はデータをうまく扱う方法を知っていることと、ソフトウェアエンジニアリングの変化。

画像:Pixabay

先日、高エネルギー加速器研究機構(KEK)に行き物理学者の方と話をする機会がありました。ちなみにKEKは日本初のホームページを作ったそうです。→参考:日本初のホームページはKEKから | KEK
加速器とは、粒子にエネルギーを加えさらに小さな素粒子を作り出すための大きな機械だそうです。
そこで出てくるデータは膨大です。この膨大なデータの分析をKEKでは行っています。

この話を聞いていて思ったのが、物理学者は人材不足と言われているデータアナリスト、データサイエンティストとして優秀な人材なのでは?ということ。
まさに下の記事では「シリコンヴァレーのテック企業が、こぞって物理学者を雇っている」ことが書かれています。

いまやビッグデータを扱うソフトウェアが普及しており、多くの企業が何らかの予測を行うための機械学習モデルを構築するのに役立っている。このことも、物理学者がシリコンヴァレーで活躍する道をつくり出している。そうした傾向はさらに強まるだろう。

GE、マイクロソフトなどシリコンバレーに巨大IT系企業が次々に物理学者を採用しているそうです。データ分析できる人材がいないと困っている方、少し目線を変えてみてもいいかもしれません。

人工知能がもたらす「新しいエンジニア」の時代には、物理学者がテック業界を支配する|WIRED.jp

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください