世界から見ると本当は少ない日本のロボットスタートアップ FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
2016年以降ロボットビジネスへの新規参入が増えていますが世界と比べると日本のロボットベンチャーは多いのでしょうか?ニュースで目にする機会が増えているロボットビジネスの世界比が少し分かります。

android

画像:Pixabay

ロボットビジネスに関するニュースを目にすることが2016年から増えていますが、世界から見ると日本のロボットスタートアップ企業は多いのでしょうか?

THE ROBOT REPORTで取り上げられているロボットスタートアップの件数を見ると日本は9番目。アメリカの17分の1です。
アメリカにおけるロボットスタートアップのジャンルでの1位は「ドローン」、2位は「農業」。

ベンチャーを生み出す仕組みが日本とは異なっているため一概には言えませんが、ロボットビジネスはこれからも進化を続けていくことが予想されるので新しい発想で自社でもできることがないかを考えていきたいですね。

【羽田卓生のロボットビジネス入門vol.5】本当は少ない日本のロボットベンチャー | ロボスタ

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください