越境ECで商品を売りたければ、まず訪日中国人観光客に気に入ってもらおう FavoriteLoadingあとで読む

: ウェブ担当者通信事務局
2016年越境EC元年と言われています。でもいきなり越境ECに手を出して大丈夫でしょうか?中国人に商品を買ってもらうためには訪日中国人観光客向けインバウンドマーケティングという方法があります。まずここからの検討がオススメです。

中国人に商品を買って欲しい。やり方は大きく2つ

日本国内で日本人に商品を買って欲しいと思ったらどうしますか?

  1. 自社ECサイトもしくは楽天やYahoo!などのモールに出店する
  2. 実店舗がある場合近辺住民へのアピールと、近くに遊びに来た人のついで買いを呼び込むか足を運んでもらうためのプロモーション施策をする

おそらく大きくこの2つのことをやっていると思います。
そのために、TwitterやLINE、FacebookやブログなどSNS活用やECサイト運用を頑張っているウェブ担当者の方も多いことでしょう。

中国人向けもやることはぶっちゃけ同じなんです。

  1. 自社ECサイトもしくはアリババグループのモール「天猫」(テンマオ)や「淘宝網」(タオバオ)に出店する
  2. 実店舗がある場合、観光客のついで買いを呼び込むか店を知って足を運んでもらう

つまり、越境ECか訪日中国人観光客を呼び込むか。大きく2つの方法で中国人に商品を買ってもらうことができるのです。

inbound

画像:pixabay

中国人に商品を買ってもらうために大切なこと

中国以外の諸外国の情報収集ツールと言えば、FacebookやTwitterなど日本でもよく使われているSNSツールやGoogleなど検索エンジンです。

よく言われていることですが、中国ではネット環境が特殊です。
SNSツールでよく使われているのはウェイボー(微博)やWeChat(微信)であり、検索エンジンはbaidu(百度)です。

どんなツールでプロモーションするのが効果的か、どんな使い方をしているのか、を知っておくことは大事です。

また、中国の文化や中国人の行動パターンも知っておくことも大切です。

コンテンツを作るときやプロモーション施策を行うときにどんなユーザー向けなのか?どんな行動パターンなのか?など分析しますよね?
ただ日本語サイトを中国語に翻訳すればいいだけではありません。ターゲットとしている中国人がどんなユーザー層なのか?どんな行動パターンなのか?を知らないと、買って欲しい中国人に響かせることができず商品を買ってもらえません。

中国の文化をよく知ったパートナー探しも大切になりますね。

なぜ今、中国人向け越境ECや訪日インバウンドが言われているのか?

2016年は越境EC元年と言われています。2015年には「爆買い」が流行語対象に選ばれるほど話題になりました。

そんな中、なぜ中国人向けなのでしょうか?

まず日本へ観光など旅行にやってくる中国人の数は年々増え続けています。
日本政府観光局(JNTO)統計データによると、訪日外国人観光客の中でも2015年前年比伸び率が大きかった国は中国からの観光客で、年間約500万人が日本を訪れています。

また、国土の広い中国ではECが生活に欠かせないインフラになっており主力の流通チャネルになっています。
経済成長が鈍化したと言われる中国ですがECは成長を続けており、2019年に225兆円を超えると言われています。

日本国内での消費が減っている今これらのことを背景に、中国語圏への進出や中国人に商品を提供したいとどの企業も考えるのは自然の流れです。

政府も中小企業の越境ECを後押し

独立行政法人中小企業基盤整備機構が、越境ECにチャレンジする事業者を支援するため、「中小企業越境ECマーケティング支援事業」の実施を始めています。

中小企業越境ECマーケティング支援
http://crossborder.smrj.go.jp/index.html

越境ECに投資して大丈夫?

越境ECとは、海外にインターネットを通じて販売するECのことです。

中国人向けの越境ECをやる方法は2つあります。

  1. 自社ECサイト
  2. ショッピングモール「天猫」(テンマオ)や「淘宝網」(タオバオ)に出店

モールに出店したりECサイトを作れば売れる、というものでないことは国内でECサイトをやっている方にはすぐに分かることだと思います。

売れるためのプロモーションが必要になります。

他にも、税関や配送など海外取引で必須となること、突然変わる税制やルール、また中国語でのクレーム対応やコミュニケーションなど考えておかなければならないことが多くあります。

越境ECを始める前には、しっかり情報収集をして、自分たちでできるのか?信頼できるパートナーが見つけられるのか?を必ず検討しておきましょう。

訪日中国人観光客を呼び込むインバウンドマーケティング

越境ECに取り組むには、ヒト・モノ・カネに限りがある中小企業には少しハードルが高そうです。

では訪日中国人観光客に商品を買ってもらうためにはどうすればよいのでしょう?

この場合には、商品やお店、サービスをまず知ってもらうことが重要です。
旅マエ、つまり日本に旅行に来る前に、旅の計画に組み込んでもらうことが必要ですね。

そのためには中国の文化や中国人の行動パターンを知って、ウェイボー(微博)やWeChat(微信)などでコミュニケーションをとりプロモーションすることになります。

そして旅アト、つまり中国に帰ったあとにクチコミで拡げてもらうためには、旅ナカ、つまり旅行中楽しんで満足してもらうことが大切です。

訪日中国人観光客に商品を買ってもらって気に入ってもらえれば、彼らが中国での宣伝部隊となってクチコミで評価してくれたりリピーターとなってくれることでしょう。そんな顧客が増えてくれば越境ECに本格的に取り組んだときにさらに売れることでしょう。

越境ECに本格参入する前に、まずは訪日中国人観光客を呼び込むことを考えて中国人向けプロモーション施策をやってみるほうが取り掛かりやすいかもしれません。

もっと詳しく「訪日中国人観光客を呼び込むインバウンドマーケティング」についてお知りになりたい方向けに入門講座を行っています。

inbound2_fb1200x628

はじめてでも4時間で分かる!訪日中国人観光客向けインバウンドマーケティング」入門講座

DVD講座 はじめてでもここまでできるリスティング広告 DVD講座 はじでき初心者向けWebマーケティング講座

ウェブ担当者通信事務局
この記事を書いた人: ウェブ担当者通信事務局

「ムダな情報で頭脳を消耗することなく考える時間を確保する」
ウェブのノウハウだけに限らず、広告やマーケティング全般の知識、時には組織論や時事に至るまで、最先端や未来予測などみなさんにとって本当に必要な情報だけをお届けします。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください