スター・ウォーズに学ぶ消費者の共感を呼ぶためのストーリーづくり FavoriteLoadingあとで読む

: こだま
共感を得るとはどういうこと?と思っている方へ。元記事では、スターウォーズ好きな人には思い出されるシーンから消費者の共感について書かれています。

スター・ウォーズに学ぶ消費者の共感を呼ぶためのストーリーづくり

画像:Pixabay

コンテンツマーケティングにおいてもリスティング広告においても、読み手の「共感」が得られるコンテンツの重要性について考えることが多いですね。
元記事では映画「スター・ウォーズ」を参考に消費者の共感を呼ぶためのストーリーづくりについて書かれています。

もちろん、“ストーリー”にはさまざまな意味合いがあり、スター・ウォーズのように分かりやすく時代や世代を結ぶずばりストーリー(物語)の場合もあれば、消費者の心が揺れ動く商品自体の開発話や秘話やウラ話の場合もあれば、商品や商品の周りにある何かが存在することになった理由のような場合もあります。消費者がそれらの接点や要素に触れ、共感をしたとき、大きな感動が生まれるのです。

最近電子ピアノを買ったのですが、さまざまなピアノメーカーの記事を読んだり人から話を聞いたりして、作り手の思いや考えに共感したメーカーの電子ピアノを選びました。
そんなこともあって個人的にこの記事に共感するところが多かったです。

スター・ウォーズに学ぶ 消費者を“マヒさせる”ストーリーづくり | AdverTimes(アドタイ)

こだま
この記事を書いた人: こだま

ウェブ担当者通信事務局スタッフです。
住宅営業からIT営業へと営業畑を13年歩んだあと、お金の勉強をするためファイナンシャルプランナーの資格を取ったはずが縁あってウェブ担当者となり今に至ります。


※プレミアムメンバーの方はログインすると広告が消えます。

投稿アイコンを選んでください